ハクナマタタなIVFダイアリー

オーストラリアでIVF治療中。気ままにだらだらと、日々の様子をつづります。

MRIの結果

↑Botanic Garden の日本庭園にて日本祭なるものをやっていました 今日は、先日受けたMRIの結果を聞きにドクターのもとへ行ってきました! 結果から言うと、変化なしです。 プロラクチノーマの大きさは、昨年の5月から変わらず3mmだそう。 あーよかった。ε=(…

最近のお気に入り紹介

顔がまだ絶賛腫れていますが、何とかやっています( ˙-˙ ) なんなら青あざ通り越して黄色く変色してきましたが、大丈夫なんでしょうか? もう、もはや何があったのか分からないくらい悲しい状態です… 縫合してあった糸もいつの間にかなくなってるし、もしかし…

親知らずを抜きました

昨日、親知らずを1本抜いてきました。 ドクターからは、2本いっぺんに終わらせちゃおう!という提案で、私もその場でYES!!と二つ返事していたんですが、色々調べてたら怖くなってきて、1本ずつにしてもらうことにしました…(´・ω・`;) 結果からすると、1本にし…

歯医者とMRIに行ってきました

本日は、朝から歯医者、午後から脳のMRIスキャンに行ってきました! 歯医者では、半年に一回のチェックアップ(定期検査)とクリーニングを行ってもらいましたd(´・ω・`) もちろんこれはプライベート保険に入っているから通えているのであって、入っていなかっ…

体外受精に至った経緯

先日、こんな記事を見つけました。 www.news.com.au 要は、とにかく根気強くIVFをやれば、8回目までには成功するという統計結果が出ました、といった内容。 全ての年齢層において、1回目で妊娠・出産する女性は全体の33%、さらに8回目までのサイクルでの成功…

PGSの結果

もういつでもベビーが来てくれてもいいように広めのアパートメントへと引っ越しまして、バタバタと毎日が過ぎました。 そんな中、PGS(着床前診断)の結果が出ました! 今月末と言われていたので、絶対8月に入ってからだろうなぁなんて思ってたら、意外と速…

1回目の治療費公開とオーストラリアの医療制度まとめ

めったに来ないFacebookアプリのお知らせマークがついていたので開くと、そんなに親しくない友人の、”女の子が産まれました〜”という投稿で、しかも赤ちゃんの名前、私がつけたいなーと考えてた名前【#・∀・】偶然とはいえ、今の私のこの状況でその投稿ピック…

オーストラリアの体外受精事情

↑今朝のブリスベンシティ方面の様子 このところまた肌寒くなってきたので、早朝のウォーキングは正直辛いっす…:;(∩´﹏`∩);: 基本、年中暖かいので(平均気温が20℃を越えてます)、ちょっと寒くなっただけで、えらく寒いと感じてしまうというか…人々は大げさ…

【2ndサイクル】その後の経過

翌日、少しはマシになったものの、悔しいことに食欲だけはいつになく健在でついつい食べ過ぎてしまい、食べ終えて後悔… il||li_| ̄|○il||li というのを繰り返し… 不思議なことに、普段は超がつく甘党なのに、塩辛いものしか受け付けません。甘いものを見る…

【2ndサイクル】採卵後の苦しみ再び

25個も卵が取れたことで、今回も初~中程度のOHSS(卵巣過剰刺激症候群)と再び戦うことになるのですが… OHSS:Ovarian HyperStimulation Syndrome(卵巣過剰刺激症候群)とは たくさんの排卵誘発剤で卵巣が刺激され、膨れ上がることで引き起こされる症状。 …

【2ndサイクル】採卵日

採卵後は100%苦しくなるのが分かっているのに、採卵日の朝は絶対ワクワク(゚∀゚)の方が大きいんだよなぁ… 朝6時に起き、いつものようにストレッチをし、軽くお水を飲み(施術の6時間前から絶飲食ですが、施術2時間前までならちょっとのお水はOKです)、さて今…

【2ndサイクル】2回目のスキャン

前回の血液検査の結果から、プロゲステロン(黄体ホルモン)の値が上がりすぎているため、新鮮胚移植はしないことになりました! エストロゲン(卵胞ホルモン)の値は完璧だそう(`・ω・)b どっちにしろ、私たちはPGD(Pre-implantation Genetic Diagnosis:着…

【2ndサイクル】1回目のスキャン

Day 8、1回目のスキャンです。 まず目に入ってきたのが、なんとも美しい子宮内膜(Uterine lining)! 自分で言うのもなんですが、実にきれいなトリプルラインを描いています! D(ドクター):Wow!! Gorgeous!! いっきにテンション上がる私(゚∀゚) ちなみに、…

2ndサイクルのはじまり~

さて、今回も生理2日目からピル(Levlen)を15日間飲み、注射を取りに行き、Monashにて自己注射のレクチャーを!これ大事! 今回は、 Gonal-F 300:FSH(卵巣を刺激して卵胞を育てる) Luveris:LH(特に卵巣機能が低下している場合にFSHと共に用いられる) …

前進あるのみ

1か月後くらいに、再びドクターとの面談! とりあえず聞きたかったのは、着床しなかったと思われる原因と、うまく受精した卵の数も少なく、また質も良くなかったことに対するドクターの意見... AMH値が低いので、卵巣内にある卵子のストックが少ないこと、卵…

判定日

その日はイースターホリデー明けの火曜日。 朝7:30、オープンとともに、いつも採血でお世話になっている近所のクリニックへ。 いつものおばちゃん(ナース)と世間話しながら、ちゃちゃっと採血が終わる。 私は、このおばちゃん(ナース)が今までで一番痛く…

胚移植後の過ごし方

クリニックから渡された、”妊娠中に注意するリステリア(細菌)感染と食事” の冊子を読んで、まだ妊娠したわけでもないのにやたら神経過敏になり、食生活に気を付けました。 高リスクの食べ物まとめ デリや惣菜屋さんなどのできあい食品 Ready-to-eat(温め…

胚移植日

ついに、頑張ってくれた1個だけの希望の卵さんをお腹に戻す日がやってきました。 しかし、実のところあまり期待していませんでした… 昨日、今日は Calm and relaxね‼ と散々言われていたので、とにかくストレスを感じないようにしようと、鍼をしてもらったり…

胚移植前日

1か月ほど日本に帰り、治療のことなんてまるで忘れて暴飲暴食の日々。 若干増えた体重と風邪を引っさげてオーストラリアへ戻り、それから珍しく人と会ったりで外食もいつもより多く… 家では野菜中心の料理で、なるべくヘルシーに体にいいものを~なんて考え…

お休み期間

一時期は、もう何というか、すべてのことが斜めにしか見られなくなっていましたが、よく考えたらまだ1回目じゃないか、初回からこんなんでどうする、もっともっと頑張っている人だっているんだ、というかまだ胚移植すらしていないじゃないか! うじうじ考え…

ドクターと面談

翌朝。 いつも大体10時には寝るのに、ゆうべは眠れず、妊活関係の掲示板を漁って就寝したのは日付が変わった頃。そのため起きれず。 7時頃、心配したパートナーが起こしに来る。 そして、朝食は作らなくていいから気分転換にと、近所のカフェへ連れて行って…

ダークな感情

採卵から5日後。 なんと朝起きると腹が張っていない! なんで? 何があった? 誰かが寝てる間に針でも刺してくれた? そういえば、Triggerを打ってからの1週間がピークってどこかで見たような… いや、まだ確実にお腹は絶賛デカいんですが、気分が全然ちがい…

採卵後・・・こんなにもお腹が張るのか

病院から帰宅し、夕方ごろから段々と痛みが。 パナドールを1錠飲むと、すぐに治まった。 さすがパナドール。 プロテインとファイバーを積極的に摂るようにということで、夕飯は納豆ごはん。 翌日は休みを取っていたので、1日中だらだらとリラックスして過ご…

採卵

朝からドキドキ、ワクワクのお待ちかねの採卵日です。 採卵の2日前には、クリニックへの支払いも、病院への日帰り手術代もすべて済ませ… 無一文です。 分割で支払うより、一括で済ませたほうがMedicareからの返金が早めに来るということで、一括で。 3日後く…

2回目のスキャン

採卵前の最終チェックです。 朝8時にクリニックに行くと、私たちの前は女性同士カップルが! おぉーと一人で勝手にドキドキしながら順番を待つ。 そういえば以前、ポッドキャストか何かで、女性の体内でも精子が生産可能で、男性の体内でも卵子の生産が可能…

1回目のスキャン

自己注射期間中は、普通に仕事に行き、旅行で山に登ったり、友人と会ったり、コーヒーも飲むし、好きなものを食べ、 本当に変わりなくストレスなく、気楽に過ごせた感じです。 幸い、注射の副作用も全くなく、というのも元々AMH値が低いので、OHSS(卵巣過剰…

1stサイクル開始

Levlenというピルを2週間ほど飲み続け、最後のピルを飲んだ3日後に、予定通りに生理開始。 そのまた2日後からついに自己注射スタートです。 私の通うMonashでは、高刺激の排卵誘発法であるアンタゴニスト法を行っています。 まずは、FSH と呼ばれる卵胞成熟…