ハクナマタタなIVFダイアリー

オーストラリアでIVF治療中。気ままにだらだらと、日々の様子をつづります。

1stサイクル

1回目の治療費公開とオーストラリアの医療制度まとめ

めったに来ないFacebookアプリのお知らせマークがついていたので開くと、そんなに親しくない友人の、”女の子が産まれました〜”という投稿で、しかも赤ちゃんの名前、私がつけたいなーと考えてた名前【#・∀・】偶然とはいえ、今の私のこの状況でその投稿ピック…

前進あるのみ

1か月後くらいに、再びドクターとの面談! とりあえず聞きたかったのは、着床しなかったと思われる原因と、うまく受精した卵の数も少なく、また質も良くなかったことに対するドクターの意見... AMH値が低いので、卵巣内にある卵子のストックが少ないこと、卵…

判定日

その日はイースターホリデー明けの火曜日。 朝7:30、オープンとともに、いつも採血でお世話になっている近所のクリニックへ。 いつものおばちゃん(ナース)と世間話しながら、ちゃちゃっと採血が終わる。 私は、このおばちゃん(ナース)が今までで一番痛く…

胚移植後の過ごし方

クリニックから渡された、”妊娠中に注意するリステリア(細菌)感染と食事” の冊子を読んで、まだ妊娠したわけでもないのにやたら神経過敏になり、食生活に気を付けました。 高リスクの食べ物まとめ デリや惣菜屋さんなどのできあい食品 Ready-to-eat(温め…

胚移植日

ついに、頑張ってくれた1個だけの希望の卵さんをお腹に戻す日がやってきました。 しかし、実のところあまり期待していませんでした… 昨日、今日は Calm and relaxね‼ と散々言われていたので、とにかくストレスを感じないようにしようと、鍼をしてもらったり…

胚移植前日

1か月ほど日本に帰り、治療のことなんてまるで忘れて暴飲暴食の日々。 若干増えた体重と風邪を引っさげてオーストラリアへ戻り、それから珍しく人と会ったりで外食もいつもより多く… 家では野菜中心の料理で、なるべくヘルシーに体にいいものを~なんて考え…

お休み期間

一時期は、もう何というか、すべてのことが斜めにしか見られなくなっていましたが、よく考えたらまだ1回目じゃないか、初回からこんなんでどうする、もっともっと頑張っている人だっているんだ、というかまだ胚移植すらしていないじゃないか! うじうじ考え…

ドクターと面談

翌朝。 いつも大体10時には寝るのに、ゆうべは眠れず、妊活関係の掲示板を漁って就寝したのは日付が変わった頃。そのため起きれず。 7時頃、心配したパートナーが起こしに来る。 そして、朝食は作らなくていいから気分転換にと、近所のカフェへ連れて行って…

ダークな感情

採卵から5日後。 なんと朝起きると腹が張っていない! なんで? 何があった? 誰かが寝てる間に針でも刺してくれた? そういえば、Triggerを打ってからの1週間がピークってどこかで見たような… いや、まだ確実にお腹は絶賛デカいんですが、気分が全然ちがい…

採卵後・・・こんなにもお腹が張るのか

病院から帰宅し、夕方ごろから段々と痛みが。 パナドールを1錠飲むと、すぐに治まった。 さすがパナドール。 プロテインとファイバーを積極的に摂るようにということで、夕飯は納豆ごはん。 翌日は休みを取っていたので、1日中だらだらとリラックスして過ご…

採卵

朝からドキドキ、ワクワクのお待ちかねの採卵日です。 採卵の2日前には、クリニックへの支払いも、病院への日帰り手術代もすべて済ませ… 無一文です。 分割で支払うより、一括で済ませたほうがMedicareからの返金が早めに来るということで、一括で。 3日後く…

2回目のスキャン

採卵前の最終チェックです。 朝8時にクリニックに行くと、私たちの前は女性同士カップルが! おぉーと一人で勝手にドキドキしながら順番を待つ。 そういえば以前、ポッドキャストか何かで、女性の体内でも精子が生産可能で、男性の体内でも卵子の生産が可能…

1回目のスキャン

自己注射期間中は、普通に仕事に行き、旅行で山に登ったり、友人と会ったり、コーヒーも飲むし、好きなものを食べ、 本当に変わりなくストレスなく、気楽に過ごせた感じです。 幸い、注射の副作用も全くなく、というのも元々AMH値が低いので、OHSS(卵巣過剰…

1stサイクル開始

Levlenというピルを2週間ほど飲み続け、最後のピルを飲んだ3日後に、予定通りに生理開始。 そのまた2日後からついに自己注射スタートです。 私の通うMonashでは、高刺激の排卵誘発法であるアンタゴニスト法を行っています。 まずは、FSH と呼ばれる卵胞成熟…