ハクナマタタなIVFダイアリー

オーストラリアでIVF治療中。気ままにだらだらと、日々の様子をつづります。

1stサイクル開始

Levlenというピルを2週間ほど飲み続け、最後のピルを飲んだ3日後に、予定通りに生理開始。

そのまた2日後からついに自己注射スタートです。

 

私の通うMonashでは、高刺激の排卵誘発法であるアンタゴニスト法を行っています。

まずは、FSH と呼ばれる卵胞成熟ホルモンのGonal-Fを300、毎朝6:30に打つことに。

さらに、5日目からもう1本、Orgalutranという注射も加わり2本打ちに。

 

正直、針が大嫌いな私。

でも、このIVFの治療を始めるにあたって、いろんな方のブログを読ませていただきました。むさぼるように。

特に海外で治療をがんばっている方々のブログには、それはそれは勇気をもらいましたので、私も少しでも情報提供できたらいいなーと思っています。

 

Orgalutranは、ザ・注射器!という形をしているので面喰らいますが、それを思うとGonal-Fなんてペン型で針もほっそいし、はなくそのように感じます。

それでも、初日は意を決してぶっさすのに30分ほどかかりました。

ブログで情報収集した通り、YouTubeで使い方のビデオを見ながらやると、注意が散漫になるため痛みをあまり感じません。

あとは、お腹の肉を精いっぱいつまむこと。

つまんだ痛みのほうがでかくて、若干針の痛みを忘れます。

 

こんな感じで私の1回目のサイクルが始まったわけです。