ハクナマタタなIVFダイアリー

オーストラリアでIVF治療中。気ままにだらだらと、日々の様子をつづります。

1回目のスキャン

自己注射期間中は、普通に仕事に行き、旅行で山に登ったり、友人と会ったり、コーヒーも飲むし、好きなものを食べ、

本当に変わりなくストレスなく、気楽に過ごせた感じです。

幸い、注射の副作用も全くなく、というのも元々AMH値が低いので、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)の心配もなかったのです。

(内心ビビってたけど...いらぬ心配)

AMHは、私の年齢にしては平均値の半分くらいだと言われていました。

 

さて、1回目のスキャンでは15個以上の卵胞が見られ、先生に”おぉー、この上ない出来!”と褒められ、ストレスフリーな生活が功を奏したのかなーやったね!なーんて調子に乗り。

この先生は、実によく褒めてくれるんですね。大好きです。

 

でも、こんなにすぐうまくいくんなら、誰も苦労せずに妊娠できてるわ!

と思い知ることになりますが...