ハクナマタタなIVFダイアリー

オーストラリアでIVF治療中。気ままにだらだらと、日々の様子をつづります。

採卵後・・・こんなにもお腹が張るのか

病院から帰宅し、夕方ごろから段々と痛みが。

 

パナドールを1錠飲むと、すぐに治まった。

さすがパナドール

 

プロテインとファイバーを積極的に摂るようにということで、夕飯は納豆ごはん。

 

翌日は休みを取っていたので、1日中だらだらとリラックスして過ごしました。

主にゲームしてました。

 

朝から早速、培養士さんから電話で受精報告が来ました。

9個中、4個が無事に受精した模様。

1個も受精しませんでした…っていう最悪のシナリオをずっと考えていたので、とにかくハッピー!

 

 

***

 

 

その次の日は、朝から死ぬほど腹が張って、そして尋常じゃないほど腹が出ていましたね。

採卵後、便秘になりやすいと聞いていたので、食物繊維系のシリアル&ヨーグルトにフルーツとチアシードを乗せて食べ、きなこミルクを飲み、Movicol(便秘気味の時は必ずお世話になっています)を飲んだにも関わらず…

思いのほか出ない…

 

朝から培養士さんより電話。

受精した4個のうち、3個は分割して落ち着いているそうな。

おーよかった、よかった。

でも、それよりも何よりも、腹が張って出て重くて死にそうですと言いたかった…

一つ一つの動きを噛み締めて行わないと非常に辛いため、まるでスローモーション。

一歩一歩、前のめりでしか歩けないので、超絶な猫背になってるし…

耐えられず担当ナースに電話。

”みんなそうなるから安心して。とにかくお水をいっぱい飲んで出すこと。”

というアバウトなアドバイスをいただき、言われたとおり水を飲み続ける。

いつも通り、朝晩のヨガストレッチは続けられている。

 

 

***

 

 

その次の日も、水を飲み続け。今まで生きてきた中で、今一番水を飲んでます。

おかげで夜中は2時間おきにトイレに起きるっていう…

なんでしょう、食べすぎた時みたいにお腹自体がでかくて苦しいんではなくて、

何かが内側から押し上げて圧迫している感じなのが、たまらなく辛いのです。

でも、この日も頑張って仕事です。

 

歩くのおっそ!!

 

ってくらい私遅いんですけど!!

 

亀のようにのろのろ歩いていたところ、培養士さんから電話。

いい感じにセル分割してますよー!だそうです。

 

ああ、もう、それだけが今の望みです。