ハクナマタタなIVFダイアリー

オーストラリアでIVF治療中。気ままにだらだらと、日々の様子をつづります。

ダークな感情

採卵から5日後。

 

なんと朝起きると腹が張っていない!

なんで?

何があった?

誰かが寝てる間に針でも刺してくれた?

そういえば、Triggerを打ってからの1週間がピークってどこかで見たような…

 

いや、まだ確実にお腹は絶賛デカいんですが、気分が全然ちがいます。

 

この日は日曜日。毎週、片道40分のウォーキングを兼ねて朝のマーケットに行っています。

それも6時頃から…

野菜や果物を1週間分大量に買い込んで、タイヤのついたゴロゴロする買い物バッグ(って何か名前あるんですかね?)に詰め込んで、また歩いて帰ります。

でも、さすがにこの日は歩くのは無理だったので車で。

日曜日なので、分裂状況の報告電話はなし。

 

 

翌朝、培養士さんより連絡。

なんと、唯一いい感じだった1つがBlastcyst(胚盤胞)に達していないし、見込みがなさそう的なことを言われました。明日まで様子を見て話しましょう。

でも、しょっぱなに ”Not very good news" って言われたことで、それ以降の話が頭に入ってこなくて、ちゃんと聞き取れなていなかったと思います。

残りの3つは、どうもよくない感じ。分裂が止まっちゃったっぽいです。

 

あーあ。

 

そんなに簡単にはいかないんだなぁ。

 

まだ1回目というのもあるけど、なんだか急に世の中のすべてのハッピーなもの・ことにダークな感情しか持てなくなった今。

ホルモンバランスが崩れていたのもあってか、夜帰宅したパートナーに罵声を浴びせ、号泣し、もう心底いやだと思ってしまった。

注射とか頑張ったのに…

 

でも、こんな情緒不安定な人間のもとに赤ちゃんなんて来ないよなぁ。

 

夜眠れず、ひたすら掲示板を見る。