ハクナマタタなIVFダイアリー

オーストラリアでIVF治療中。気ままにだらだらと、日々の様子をつづります。

胚移植後の過ごし方

クリニックから渡された、”妊娠中に注意するリステリア(細菌)感染と食事” の冊子を読んで、まだ妊娠したわけでもないのにやたら神経過敏になり、食生活に気を付けました。

 

高リスクの食べ物まとめ

  • デリや惣菜屋さんなどのできあい食品
  • Ready-to-eat(温めて食べるばっかりに一度調理されて冷蔵庫に並んでいるもの)の鶏肉
  • パテ(パテって何だと思いましたが、ペースト状にされた魚や肉だそうです)
  • パックされたサラダ、フルーツ(サラダバー等含む)
  • 生魚オイスター、刺身、寿司、スモークサーモン、茹でて売られているむきエビなど)
  • ソフトチーズ(カマンベール、リコッタ、フェタ、ブルーなど)
  • アイスクリーム屋さんのアイスクリーム(衛生上の問題か?)
  • 低温殺菌されていてない乳製品(Raw goats milkなど)

 

要は、家で自分で料理しなさいってことでしょうね。

あとは、着床までの過ごし方をいろいろリサーチしてみたところ、これが情報化社会の恐ろしいところで、何を信じたらいいのか段々わからなくなってきました。

バナナは体を冷やすから控える と言っているところもあれば、葉酸酵素が多く入っているからいいんだ というところも。

仕事からはできるだけ離れてストレスフリーにするだの、でも普段どおりが一番いいだの。

ま、普通に仕事は行っていますが…なにぶんお金がかかってますんで…

ドクターも、翌日から仕事して全然おっけー!って言ってたしな。

 

でも、一番納得したのは、

”そもそも〇〇が着床にいいというのがわかっていれば、ドクター達はその〇〇を処方するはずだろう!”

と言っているサイト。

だよねー。最初からわかってたらこんな苦労してないって。

 

目に入ってくる情報があまりにも多すぎて、もう調べるのやめました。

普通にしていよう。

そもそも、どんなに甘いもの食べても、何杯コーヒー飲んでも、タバコ吸っても、お酒飲んでも、運動しなくても、妊娠する人はするんだし!

 

一応、体を温めるために(子宮への血の巡りをよくすることが、多少の着床率アップに効果的だと鍼師さんのお言葉)、

・腹巻きと靴下の重ね履き

・土の下から取れる野菜中心の食生活

・コーヒーと糖分(お菓子)は体を冷やすのでやめる

・30分以上のウォーキング

・朝晩のヨガストレッチ

 

などを心掛けました。

 

昔から冷え性なんだよなぁ…

 

あとは、着床を助けるために、プロゲステロン(黄体ホルモン)補充剤であるペッサリーを朝晩同じ時間に入れています。

これがなんか気持ち悪いんです…白いカス的なものが出るんです…