ハクナマタタなIVFダイアリー

オーストラリアでIVF治療中。気ままにだらだらと、日々の様子をつづります。

真夜中の出来事

昨日の夜中、本気でビビった出来事が!

 

それは寝ているとき…

腕を変な方向に思いっきり動かしたらしく首に変な痛みが走って目が覚めたんです。トイレに行きたかったけどまじで激痛で起き上がるどころか首も動かせず、これはただの寝違えのパターンだと自分に言い聞かせ、そのままじっとしてました。

少し経って何とかベッドの淵に座り、寝違えたときに必ずやる”ゴッドハンド輝の寝違えたときのストレッチ”を軽くやって(笑)立ち上がった次の瞬間!

 

目の前がグラングランしてきた!あれ?真っ暗!呼吸が苦しい!

 

今私ここどこ? 何しようとしてた? とパニーーック!!

何とかバスルームへ行くも立っていられず座り込む。

はぁはぁ…!!

息が苦しい…(;д;)=3=3

尋常じゃない量の汗をかいている!

鏡を見ると、今まで見たことのないくらい真っ白な顔に真っ青な唇!

これは…

だ、大丈夫なのか!?私死ぬの!?

トイレに座ってそこから用を足してる間の時間が、なぜか10分くらいにものっすごく長ーく感じられました!

手を洗ってうがいをすると今度は吐き気が!でも吐けない!

這いつくばってベッドまで戻りました…(›´ω`‹ ) ゲッソリ

 

パートナーの彼は、ここ数日カゼ気味で私に移したくないからと別室で寝てました。

なんかもう、パニックすぎて助けを呼ぶ余裕もなく…

 

横になってたらいつの間にか寝てたけど、何だったんだろう…

いまだに首は結構痛いです…

 

 

 

 

それでも、朝のうちにMonashにペッサリーを貰いに行かなきゃいけなかったので、頑張って外出。ついでにマーケットへも。

 

BT6~BT10ですが、本当に特にこれといった体の変化がありません。

妊娠している気が全くしません…チキンすぎてフライング検査をする勇気すらないです。

昨日、生理が始まる前のあのいやーな下腹部の痛みがあって、もしかしてリセットするのかもーなんて沈んでましたが、今のとこないです。

黄体ホルモン補充剤がもう無くなるじゃん!といきなり気付いて担当ナースに電話した時、出血とかお腹の痛みとか気持ち悪いとか、何かそういう体調の変化はあるか聞かれ、えw一切ないです と答えた時の、あらそうなの…となんかちょっと残念そうだった様子を踏まえると、見込みないのかなって思えてきました( ;∀;)

 

でも、泣いても笑っても明後日には分かること!

この土日は、あんまり考えないようにしてのんびり過ごしまーす。