ハクナマタタなIVFダイアリー

オーストラリアでIVF治療中。気ままにだらだらと、日々の様子をつづります。

9w5d 産婦人科医の先生と面談

今日は、産婦人科医の先生に会ってきました。

 

陽性判定後2回目のスキャンとなります。

今回はお腹の上からでした。

 

ちゃんといましたよー!いてくれましたよー!

 

それが、ありえないほどに動いておりましたよー!!

もう息つく暇もないくらいに動く、動く!(笑)

そりゃこんだけ元気だったらつわりがひどいのも納得?ってなくらいです。

嬉しかったです。よかったです。ひとまず安心しました。

先生もびっくり!

 

この先生、初めてだったのですが、とっても優しくて言葉もわかりやすくて、ただよくおしゃべりになる!(笑)いや、私は無口な方なので、おしゃべりな人が合うんですが。

 

次に会うのは、おそらく13週になると思います。4週に1回の頻度みたいなので。

その前に、いくつか提案された出生前のスクリーニングやテストのうちどれを受けるかよく考えないといけないですね。一気に全部バーッと言われたので、まだ頭の中が整理できていないです。

私たちはPGDを行っているので胚の時点での染色体異常はなしだったのですが、これも95%の正確性であるわけで、その他にも妊娠初期に違った方法での色々な異常を発見するテストがあるということを知りました。

とりあえず、11週で行うNTスキャン(赤ちゃんの首の後ろのむくみを見るテスト)の予約を帰りにしてきました。

 

それから、吐き気がひどいことを相談したところ、Praminという吐き気止めの錠剤を処方してくれました。

また、Elevitに入っている鉄分が吐き気を増長させることがあるそうで、いったんElevitをやめて、葉酸だけのサプリをとるようにも勧められました。

Elevitにはヨウ素などの妊娠に必要不可欠な栄養素も含まれているのでちょっと心配ですが…

 

帰りにたくさんの冊子と広告・宣伝用品(?)をいただきました。

こんなところにもHello Fresh(笑)

 

ちなみに、日本の母子手帳的なものはないそうです。

パブリックの病院だと毎回ドクターが変わったりするため、それらしきものが渡されるみたいですね!