ハクナマタタなIVFダイアリー

オーストラリアでIVF治療からの妊娠記録。気ままにだらだらと、日々の様子をつづります。

20w1d 定期健診

無事に6か月に入りました\(^O^)/

 

ここまで何事もなく来れて本当に感謝です。

 

今日は産科の先生との定期健診でした。

 

子宮筋腫の件は、今のところそんなに深刻ではないから心配しすぎないようにと言われました。

先日の胎児スキャンのドクターからは、32週でもう一度詳しい検査に来るようにとのことなので、それまでは胎児とプラセンタ(胎盤)の様子と筋腫の大きさを毎回しっかり見ながら、産科医とお話ししていきます。

 

でも、画像を見る限り、筋腫が胎盤を圧迫しているように見えるというか、もしこのせいでベビーの空間を狭めているとかだったら…と色々心配してしまいます。

1人で悶々として得意の検索魔になってしまい、胎盤真下の5㎝以上の筋腫で早期胎盤剥離が起こりやすくなるとか怖い記事を発見してしまったことを話すと、

も~またググっちゃったの~!?ネットは何でも信じないで~!!

と言われてしまいました(。・ ω<)ゞテヘ

 

胎盤剥離の可能性があるときは、パナドールでは到底治まらないお腹の痛みと出血が伴うので、もし万が一出血や腹痛があるときはすぐに電話するように言われました。

あと、胎動を感じなくなったら!

 

筋腫も成長するけど、もちろん胎盤も日々どんどん大きくなっていくわけで、

ドクター曰く胎盤の25%が機能していれば赤ちゃんに必要な栄養分は届くので心配しないで!とのことです。

 

 

 

その他質問まとめ

 

・来月あたま、一時帰国して大丈夫か?

→今のところ大丈夫!と言いたいけど、一応一時帰国の3日前にもう一度来てということで予約を入れました

 

・最近、朝食後にだけものすごい吐き気に襲われるか、吐く

→子宮が大きくなるにつれ胃が圧迫されることによるReflux(逆流性食道炎だろうということで、Gavisconという薬を教えてもらいました

 

・最近、動機や息切れを感じる

→毎日息切れするようなら心配だけど、たまに感じるくらいは、胎児の分も血液を循環させているから自然のことだそうです

 

・胎動が激しい

→赤ちゃんが元気な証拠だから大いに結構!動きすぎるに越したことはない!ということです

 

 

日々、胎動を感じることでベビーとコミュニケーションが取れているようで幸せな気分になっております(*´Д`)

つわりが治まった今、何でも食べられるって素晴らしい!と食欲に任せ、妊娠前から比べると7kg太り、連日の30℃超えの天気を言い訳に全く運動をしていませんが、(朝晩のストレッチのみ)ドクターには相変わらず何も言われません😂😂