ハクナマタタなIVFダイアリー

オーストラリアでIVF治療からの妊娠記録。気ままにだらだらと、日々の様子をつづります。

高プロのその後

出産を終え、母乳も3ヶ月でピタッと止まり一段落(?)したので、IVFを行うにあたり治療をストップしていたプロラクチノーマの経過を見るためドクターに会いに行ってきました。

 

血液検査の結果、プロラクチン値は以前のかなり高かった頃より半分位に下がってました。理由はよくわからないけどよかったです。

生理も母乳止まった途端すぐ開始して、28日周期と妊娠前よりもとってもレギュラー。

 

ドクターから1年ぶりのMRIを撮ってくるように言われたので、早速行って来ました。

 

前回は確か3ミリほどの大きさでしたが、今回も同じ3ミリ!

 

あーよかったよー

本当に一安心です

 

ドクター的には、大きさに変化がなく、母乳がまた出たり生理がちゃんと来ないとかが起こらない限り、今できることはないと。ブロモクリプチンも飲まなくていいって。そうそう私、副作用にかなり苦しんだしね…

 

基本、以後は経過観察で、2年に1回ペースでMRIを撮っていく感じ。

ただし、第2子を希望する場合はすぐ教えてねと。うーむ、今は全く考えられないですとお伝えしました。

てことは次にこのドクターと会うのは2年後か、もしくは2人目を希望する時ということかぁ。IVFの時からすごく応援してくれたし、親日家だから好きだったのにちょっとさみしい。