ハクナマタタなIVFダイアリー

オーストラリアでIVF治療からの妊娠・育児記録。気ままにだらだらと、日々の様子をつづります。

ベビ連れLCCは危険すぎる

はい、恐れていたことが〜

 

さあオーストラリアに帰ろう!とまずは成田行きの国内線に乗るため地元の空港に着いたところ、

雪の影響で、成田からの機材遅れのため3時間近く遅延のアナウンスあり

 

実家を出る前にホームページで運行状況しっかり確認していれば、バタバタ忘れ物しながら空港に向かう必要もなかったじゃん〜

と軽く自分を責める。

実は前日、関東方面、例年にない大寒波で天候も荒れ、国内線の多くが欠航していたし、ジェットスターだしみんな想定内よね、涼しい顔して素直に受け入れているよう。(に見えただけかも)

母は、ベビ男君ともうちょっと一緒に過ごせるわ〜♪

と嬉しそうだし、かなり時間もあるし、ベビ男も退屈そうだし、近くのベヒグッズ店やファミレスで時間を潰し空港へ戻り、見送りに来てくれていた両親と弟カップルと涙・涙…の別れ。。

 

幸いゴールドコースト行きは夜便なので、3時間遅延してもまだ時間に余裕はありました。

搭乗してすぐベビ男は寝てくれ、飛行機は滑走路直前まで進み、このまま成田まで楽ちんかも〜なんて思っていたところに!

 

またも魔のアナウンスが…

 

なんでも整備・点検が必要な箇所が突然見つかったとかで、調べたいので一旦元の位置に戻りますとかぬかしやがった。

え、意味がわからん…なんで今それ見つかった??

つーかそんな危険な状態で飛ぼうとしてたんですかい。

いや、飛ばなくてよかったけどさ。怖いし!

 

で、しばらく点検してたみたいなんだけど、またもや魔のアナウンス…

 

詳しい整備が必要となったらしく、当フライトは欠航となりました、とな!

さらっと言ったよ。

搭乗してから軽く1時間は経過していたよ。

 

で、そっからは実に事務的に連絡事項が伝えられます。

 

・キャンセル払い戻し→カウンターでの当日返金は対応しかねる

キャンセルメール今送っといたから、各自オンラインで返金手続きして

・他便への振り替え→同じ区間ジェットスターのフライトのみ無料で乗せてあげるよ

でも、本日の便はもう全て満席だから無理だよ

もしホテルとか交通手段が必要なら、1人8000円まで補償してあげるから、領収書をFAXするかオンラインでアップロードして各自返金申請してね

でも公共交通機関利用が前提だから、タクシー代は出ないけどね

 

とにかく、各自渡された紙切れに書いてあるのに従って自分でやって

振替便希望の人だけ今すぐカウンターで手続きしてね 空いてるかわからないけど 早く行ったほうがいいよ

 

 

ってなスタンスで、何とも非常に斜め上からの対応で私は久しぶりに驚いてしまったのです。

LCCって…こんなに酷いのですか?

 

ベビ連れでLCCは本当に心からやめた方がいいと思いました。安さに負けて毎回ジェットスターにしがちだけど、安さの影にはそれ相応のリスクがあって、それによって引き起こされるストレスは計り知れないものがあると改めて気づきました。

若者や時間に融通効く人はいいかもしれないけど、ベビ連れでこれはしんどい。

 

てか今夜乗り継ぎしないとオーストラリア帰れないんですけど…今日の便に振替してくれるのか、払い戻しして別航空会社でチケット取るほうが確実なのかどうしたらいいでしょうか?

なんでこちらがちょっと下手に出たのか自分でも謎だけど、もう何ていうかキレるどころか普通に助けを求める感じになっちゃったよね。

新人さんらしきスタッフがバタバタと走り回って対応してくれた。

 

続く