ハクナマタタなIVFダイアリー

オーストラリアでIVF治療からの妊娠・育児記録。気ままにだらだらと、日々の様子をつづります。

安かろう悪かろう。。

地上職員達も慣れているのか、そういう対応方針なのかわからないけど非常に淡々と事務的で、別にそれはそれでいいんだけども、周りのお客さんからの問いに対する応対っぷりとかを見ててやっぱりなーんか上からというか、、申し訳なさがあまり伝わってこない残念なカスタマーサービスでありました。

そういうマニュアルでもあるんでしょうか。

日系の航空会社と比べたらその差は一目瞭然。

外資LCCだし期待はしてないけど、欠航時でこれって、、

 

それでも安いから、めげすに利用客がいることが悔しい。

 

で、その私が捕まえて質問した新人っぽいスタッフが、今すぐに確認してきます と言ってしばし待たされました。

待ってる間、私はまだ何もわからずスヤスヤと寝ているベビ男を見つめ、状況がいまいち呑み込めていない夫に、今まで説明された一連のことを英語で説明し、どうする?他社でとにかく今日成田に飛べる便押さえる?今日のあとの2便全部満席って言ってたよ…などと相談。

 

外国人の乗客も結構いたのに、英語でのアナウンスがまったくなかったのも不親切だなーと思いましたが。

毎回帰省したときに思うのが、日本って本当に外国人に対して不親切だよなーって。意地でも日本語一本で通すとこ。単一民族だからとか、日本に来たら日本語話すのが当たり前とか、私の地元は地方なので都会に比べたら外国人は少ないし仕方ないのかなって思ってたけど、オリンピックを目前にしてそんなこと言ってられる時代じゃない。こういうところが日本がいつまでたってもグローバル化できない理由じゃない?

 

案の定、外国人の乗客は意味がわかっていない感じで説明求めてキレてた人もいましたね。

 

話が逸れましたが、バタバタと新人さんが戻ってきて代替案を出してくれたんですが、、

成田行きの便がなんと4日後まで空きがない!

これには言葉を失った。

夫と顔を見合わせ、二人でWhat?!?という表情、、

新人さんは、それが現状ですと謝り、ただ私らの返事を待っている。

 

夫に、あと四日も仕事休めないでしょ?多少高くても他社便で空いてるの見てみる?と尋ねるも、これ以上の出費をするなんて絶対に御免だ。とにかくジェットスターでできることに従おう。と言うので、その4日後のフライトに振り替えることに…

 

再度、新人さんはカウンターの脇の方で電話で何やら確認している。

 

私は母に電話して、どちらにしろ今日は帰れなくなったので、実家にまた泊めてもらうことになる旨説明。悪いからバスで自分達で帰るよと言うも、すぐに迎えにくるねと言って出発してくれた。

あと4日お世話になるかも…と言うと、えぇー!信じられない!と怒りながらも、ベビ男を溺愛している母はちょっとだけ嬉しそう、、

 

そして新人さんが戻ってきた。

明日の夜便に2席空きがあるとのこと!

 

 

続く