ハクナマタタなIVFダイアリー

オーストラリアでIVF治療からの妊娠・育児記録。気ままにだらだらと、日々の様子をつづります。

【スリープスクール】リアルな感想⑤

初日の夜中も、ふぇ〜と一度起きたんだけど、

アホな私はついいつものくせで、すぐに抱き上げてしまったのです〜

それがいけなかったよね…トントンして待ってれば寝たかも…

コットに戻すとまた狂った様に泣いて、抱っこして落ち着かせて、戻してトントン…

を繰り返し、2時間かかってようやく寝た!単に疲れただけだと思うけど…

 

で、お昼寝も大体30分以上格闘。

 

一応本人も段々と、コットで一人で寝る事を受け入れては来ているのかなー。

 

思ったのは、夕方の寝かしつけが一番やりやすい時間帯。

ご飯食べて、お風呂入って、ミルク飲んで、おやすみだよっていうルーティンが出来上がっているから。

ここはいいんだけど、ストレスなのは夜中起きた時…

今までミルクで寝せてたからなー。

ミルクあげたら簡単に寝せれるんじゃないかと考えてしまう私はまだこの方式に完全に賛成できてないって事でしょうか?

また2時間かかった別の夜、ナースにお腹空いてるのかも…って言ったらNO!って割と強めに怒られた(?)早く抱っこして添い寝して楽になりたい…って思った瞬間だった。

でも、今が一番辛い時!ここを乗り越えればー!

家族3人みんなハッピーになれるはず!

 

また別の夜は、朝3時半に起きて寝かそうと頑張るも5時になっても寝ず、その日の夜勤ナースが一人でてんてこ舞っていたため、助けを得られず頭おかしくなりそうになって泣く(T_T)

何で抱っこして一緒に寝ちゃいけないんだって叫びたかった。

やっと来てくれたナースに、もう朝だから起こしちゃって朝ごはん食べておいでと言われ、テンション低めにダイニングルームに行ったなぁ。

そんな日もありました。

 

 

ベビ男は、いつも手を繋いで寝てたので(安心するみたい。あーかわいい…)コットでもとにかく私の手を探して掴んで離さない!

これが結構最大の難関って感じだったかも?

去ろうとすると、秒で察して頭上げて私を探すの。

嬉しいやら困ったやらで…複雑〜

 

ナースのアドバイスでは、

お尻トントン&手繋ぎ→マットレストントン&手繋ぎ→手繋ぎ外して手の近くマットレストントン(私の存在しっかりアピール、ドア付近へ移動)→トントンフェイドアウト

 

その間ずっと口でシューシュー言うてます。

もうね、手離した瞬間、トントンしてるマットレスの方に寄ってきて手を掴んで離さんのです、ベビ男。トントンを追いかけるという面白い光景が広がってたな〜(笑)