ハクナマタタなIVFダイアリー

オーストラリアでIVF治療からの妊娠・育児記録。気ままにだらだらと、日々の様子をつづります。

【スリープスクール】リアルな感想⑦

ある夜、お風呂に入れようとしたら、ベビ男の全身と顔(口の周り!)に蕁麻疹みたいなものがどわぁぁーっと出ていて、え?え?何これ?!と慌ててナースを呼ぶ。

 

Hivesというらしく、何らかの異物が体内に侵入した事でリアクションが出ているサインだとか。

一番に食べ物のアレルギーを疑われたけど、新しい食材は何も与えてなかったので、よくわからないまま。。

乳児のHivesは、原因が分からないことが多いそうな。日光だったり、ハウスダストだったり、何か変な虫に刺されたり、どこか舐めて変な菌を食べたり、とか何でも考えられるんだってさ。

 

で、このままだと痒みが出て掻きむしる可能性があって睡眠に影響するかもと言われ、すぐに指示通り抗ヒスタミン剤を買いに行って飲ませて寝かせたら、その夜は何と!初めて朝まで起きずに寝た!

 

翌朝、その蕁麻疹は引いていたけど少し熱かあったのと、お腹にHivesとは別モノの?ラッシュが出てると言われ、しかも目が充血してるって…(Hivesは真ん中にポツンと虫刺されの跡のみたいなものがあるのに対し、今度のはファ〜っと何か細かい点々がうっすら出ている感じ)

これはウイルス系ではないかと診断され、11日間という滞在期間を全うする事なく、あえなくGo homeとなりました

と言っても残り2日だったんだけど。

 

いや、私は正直早く帰りたかったんですよ。

あぁぁぁ〜〜しんど〜〜長かった〜〜

めっちゃストレス溜まってたし!

 

必死で寝かしつけてんのにナースに何度も出入りされ、ドアの音や第三者の気配で、もうね寝る寸前ってとこで見事に起きたりとか!

ベビ男は異常に敏感・繊細って言ったよね?!

家と勝手も違うし、食事も違うし、テレビもないし、娯楽もないし、やたら散歩に出かけたりしてたな。タダだから文句言うなって感じだけど…

 

でも、家事にも何にも追われることなく、ただただベビ男のことだけに集中できたって意味では、物凄く貴重な時間だったし、有り難い経験をさせてもらいました。