ハクナマタタなIVFダイアリー

オーストラリアでIVF治療からの妊娠・育児記録。気ままにだらだらと、日々の様子をつづります。

大変な夜は大体teething

昨夜は、ちょっと大変だったな〜

 

いつものように、5時半ディナー→6時過ぎお風呂→6時半ミルク の後ねんね態勢に入り、コットに入れ15分足らずで寝たのに、1時間もせずわぁ〜!と泣いて起き、そこから何故だか1時間以上ものすごいギャン泣き!

 

何だったんだろ…

 

飲み切らないまま寝たので、喉が乾いてるのかと残りのミルクをあげて飲み干したし、オムツも替えた。お水は飲まないらしい。

 

ずーっと抱っこしてなきゃいけなかった…

コットに下ろすと、もんのすんごい剣幕で泣く!叫ぶ!抱っこしないともっと大きな声出すよー!と。 

お気に入りのオルゴール曲もだめ。いつもの子守唄もだめ。。

もう諦めて、よし!添い寝しよう!(ちょっと嬉しい)と思いかけた。

 

 

あ、今思った。teethingかも!!

 

最近、よだれすごい!色んなものガジガジしてる!

まだ下3本しか生えてなくて、おそらく上の2本が出そうな気配?

この前触ったとき、ちょっと硬かったかも。

 

あーそうだわ、teethingかもだ。

 

しかも、ようやく寝かしつけた後、また夜中にわーわー泣いて起きて、私も夫もすぐには行かず大概放置しとくんだけど、そしたら一人でまた寝る事が多くて。

ただ、今回は長かった!

最終的に一人で寝るからいいんだけどね…泣くの聞いてるのは辛い。

 

泣いてもすぐに誰も来ない事で、今は寝る時間なんだ、一人で寝なきゃいけないんだ、って事を学んでいくって言われたの。スクールで。

なんていうか…あんま抱っこせんでな て感じだったよね…

抱っこしないと寝ない子になっちゃうという意味合い?

 

teethingの時はスクールの教えは例外じゃないのー?

teethingにはママの抱っこが一番のお薬って信じてるからね。

 

新たに生えてくる歯の数だけ、こんな泣き叫ぶ夜があるんだなぁ。