ハクナマタタなIVFダイアリー

オーストラリアでIVF治療からの妊娠・育児記録。気ままにだらだらと、日々の様子をつづります。

生活がグッと楽に

スクールに行って本当に良かったなぁ〜と思う。

 

デイケアでも、何人もの保育士に「一体何したの?!」と言われました(笑)

 

それもそのはず、ぐずることなく1日ハッピーで、私の指示通り10時と2時頃にちゃんとコットで寝て、離乳食もおやつもパクパク食べて、ランチ時のミルクだけで済んでいる。

 

今までとはエライ違いだと驚かれている!

 

一人にされるとぐずるわ(そういや、私が見た時いつも保育士の膝の上にいたな)、コットでは寝ないわ(結局ずっと保育士が抱っこしたまま昼寝してた)、寝ても15分とかで起きるわ、離乳食はほとんど食べないわ、ミルクは3〜4時間毎だわ…で、割と手の掛かる子だったみたい、ベビ男💧

 

しかしながらですよ、スクールでルーティンを作ってもらってからというもの、偉いぞ我らがベビ男君、ちゃんとそれに乗っかって毎日生活出来てるんですよ。

天才か?(親バカ)

 

現在のベビ男の1日のスケジュールはこんな感じ↓

 

6:00 起床

6:30 朝食…Weet-Bix(牛乳でふやかす) with バナナ、りんご、アボカド、スイカ

トースト with バター少々

7:00 ミルク① 210ml

9:30 朝寝(約1時間)

10:30 おやつ…サルタナ少々

11:00 遊ぶ

12:00 昼食…ジャガイモと牛ミンチのコロッケ(揚げずにオーブン)、レトルトのカボチャクリームスープ

12:30 ミルク② 210ml

13:00 遊ぶ

14:00 昼寝(約1時間)

15:00 おやつ…ボウロ少々

15:30 散歩

17:00 夕食…サーモントマトクリームパスタ、茹でた野菜とお粥

18:00 お風呂

18:30 ミルク③ 210ml

19:00 就寝

 

ほぼ毎日、この通りに生活しているのです!

 

あのわずか10日間(当時は死ぬ程長かったけど)で、それまでの生活を劇的に変えてここまでルーティンを確立することができたとは、やはりすごくない??

 

スクールがすごいの?ベビ男がすごいの?

スクールがベビ男のポテンシャルを引き出してくれたの?

 

 

私達大人と同じ3回のタイミングで食べてミルクなので、とーにかく楽になった。

今までぼんやりとしか見えていなかった1日の流れが、時間が読めるようになった事で非常に生活しやすくなった。

今までは、本当にベビ男中心で考えて自分の事後回しで、外出するにもミルクの時間逆算して…とかだったからね。

 

 

スクールでは、食事の時間は30分くらいがベストと言われたので、なるべくそれくらいで収めるようにしてる。

大人しくハイチェアに座ってられるのがそれくらいの時間なのかな?

あと、食事の準備をしてる時は、ハイチェアに座らせて待たせない方がいいみたい。座ったらすぐ食べられるようにした方がいいんだとか。

 

ミルクは、もうちょっと減らしましょうと言われていたので、徐々に180mlに減らす方向で。

1歳からは牛乳にシフトしていきましょうって話でした。

 

あとの課題は、スパウトカップでお水を飲めるようになる事。というかベビ男、ミルク以外の飲料を全く受け付けない!

 

食べ物も好き嫌いが多い予感…