ハクナマタタなIVFダイアリー

オーストラリアでIVF治療からの妊娠・育児記録。気ままにだらだらと、日々の様子をつづります。

タピオカ中毒

 

 最近、3日に1回はタピオカミルクティーを飲んでます。やばいよね。タピオカ中毒か。

べビ男連れてると、ろくにゆっくり座って食事もできないので、腹持ちの良いタピオカで食事代わりにと、手軽にカロリー摂取みたいな。

 

それにしても、日本はどこもかしこもタピオカで溢れ返っていたので、ついつい頻繁に飲んじゃって、しかもいろんなバリエーションがあっておいしかったなーなんて。今でも帰りたくて思い出す。

 

10年程前にもあった日本のタピオカブーム。当時は今ほどソーシャルメディアも盛んでなかったし、「映え」るようなフォトジェニックな見た目でもなく、「ナタデココ(古いな)の再来か?」ぐらいにしか思ってなかったけど、ここオーストラリアでは慢性的に流行ってるような気がする。

 

中華系移民が多いので、台湾発祥系のティーショップがひしめき合ってしのぎを削っている印象。

しかし、台湾の人って本当にお茶が好きですよね〜

 

私が来た当初は、シティの真ん中にあったHazel Tea ShopGong Cha によく行ってましたが、今はたくさんのマイナー系のお店も出来ています。

当時はGong Cha だけちょっと高いイメージだったけど、今は大体どこも同じくらいかな。

 

どうでもいい情報ですが、私がヘビロテしてるオススメは、Chatime です。

アプリでオーダーもできて、ポイントが10%還元ですぐ貯まり、誕生日には無料で1杯もらえるし、何より当たり外れがほとんどない安定の美味しさ!

 

聞いたことないようなティーショップで買ってみたこともあるけど、やはり全然クオリティーが違う。もう二度とよそに浮気はせんぞ!と思い知らされた。

ミルクティーが粉っぽくて薄かったり、タピオカが全然弾力がなくてふにゃふにゃだったりします。

ただし、Gong Cha やChatime でも、何これ?!みたいなタピオカも稀にあるので、残念ながら作る人によってタピオカのクオリティーに大きな差が出る事実は否めない。

 

ミルクティー自体は砂糖の量が選べるけど、タピオカは甘く味付けされてるし、まず炭水化物なので、かなり高カロリー・高糖質な飲み物である事は間違いないです。飲み過ぎには気を付けようという自分へのリマインダーと戒めの記事でした。