ハクナマタタなIVFダイアリー

オーストラリアでIVF治療からの妊娠・育児記録。気ままにだらだらと、日々の様子をつづります。

鉄道ファン必見なミュージアム

Ipswichにある、The Workshops Rail Museumに行って来ました。

鉄道大好きベビ男!将来は鉄ちゃんか?


f:id:miss_timon:20191026163832j:image

こんな外観の建物に入っていくと、

 

f:id:miss_timon:20191026163927j:image

入り口には、大きな蒸気機関車が出現。

テンション既にMAXで、指をさしながらヨチヨチと機関車に近づいて行くベビ男。

 

さらに、中にはいろんなタイプの電車たちの模型が所狭しと並んでます。


f:id:miss_timon:20191102182547j:image

 

f:id:miss_timon:20191102181333j:image

実際の運転席に座ってシミュレーションできるものとかありました。


f:id:miss_timon:20191102181903j:image

ジオラマ模型も。

プラレールみたいな電車が何台か走っていて、これにもベビ男、大興奮!

 

さらに、奥に進むと、ミニチュアの駅や列車をモチーフにしたプレイエリアがあり、ここが一番楽しかった!

 

f:id:miss_timon:20191102182419j:image

 

列車関係のおもちゃが盛りだくさんで、なかなか離れようとしないベビ男。

 

ここは、元々1800年代から続いたクイーンズランド州の列車のワークショップ(修理場)だった場所で、広大な敷地の一部をミュージアムとして生まれ変わらせたもの。

150年以上に渡る州の鉄道の歴史や、様々な貴重なコレクションがディスプレイされている、かなり興味深いミュージアムでした。ベビ男の影響で、私もかなり鉄道が好きになってしまったのか、こんな場所あったんだなぁと感心してしまった。

おそらく、近いうちにまた行くと思うな。

 

だけど、週末の午前中に行ったけど、あまり人が多くなくて自由に見て回れたので、平日はもっと少ないんじゃないかと…

まぁ、入場料も安くはないからね…

 

大人:$14.50

小人(3歳〜):$11.50

 

年間パスが$37だから、3回以上行くならこっちがお得。

 

さらに、離れに広々したカフェと列車関係のグッズを取り揃えたショップもあります。ほぼトーマス商品(笑)。そして高め。