ハクナマタタな育児ダイアリー

オーストラリアでIVF治療からの妊娠・育児記録。自我強め・わがまま2歳児♂の母による、日々の記録です。

お昼寝大作戦

ここ1ヶ月以上、ドライブしてお昼寝させていた毎日、起きるまで環境破壊しながら車内待機したり、コットへの移動に失敗して死にたくなったりしてました。

 

車に乗せればすぐ寝ていたので、「寝かしつけ」って意味では楽だけど、ガソリン代然り、財布にも車にも環境にも良くない。寝ている間に出来たであろう家のことや自分のことを車内滞在で犠牲にしなきゃいけないので、その点ではかなりマイナス。

 

カーシートで寝ると体勢も悪いし、寝転べたほうが長く寝るんじゃないかと思い、コットのマットレスを車内に積み込んで、熟睡したらそこに移すという作業すらやりだしていた(夫の案)。なんでここまでしなきゃいけないんだ…わたしゃただベビ男にコットで昼寝してほしいだけなんだ…と思い始めていた。

 

もちろん、何度もコットで寝ないか試してからドライブに出ていた。これがまた曲者で。

昼間は光が差し込んで、部屋も多少は明るいし、何よりいつも夜の寝かしつけは夫がやってるもんだから、え、マミーなの?遊ぶの?(゚∀゚)みたいな感じで、なぜか急にテンション上がっちゃって元気炸裂でもうお手上げになっちゃう。「寝る」という意識にならない様子。

 

それで、昨日、さて今日もコットで一応試してからドライブすっか、とベビ男ルーム(元・夫書斎)へ連れて行くと、朝に夫に頼んでマットレスを車に設置してもらったことをすっかり忘れていた。

そこに、たまたまあったゲスト用のエクストラのシングルマットレスが目に飛び込んだので、床に置いてベビ男と一緒にゴロゴロしてみたら、10分位で寝た!

 

感動!!

寝てる間に自由に動ける幸せよ!!

 

夕飯の下準備も快適にできる。Switchも大画面でできる。

しかも、1時間半寝てくれた。車内だとせいぜい1時間がいいところ。

こりゃいいや、と今日もやってみたところ、30分かかったけど、マットレスでやはり1時間半寝てくれた。

自由に動ける1時間半の為なら、30分かかったって、1時間かかったって、寝かせてみせる!

時間だけは毎日たっぷりある。

 

ポイントは、

  • 一緒に寝転がる
  • 死んでも寝たふりを続ける
  • 髪を引っ張られようが、顔をひっぱたかれようが、絶えず石ころのように横たわる

という点じゃないかと。

 

もちろん、ハイテンション気味に大声を出したり、立ち上がって部屋の中を歩き出したり、部屋を物色したりしだす。

たまに、ヨガのダウンドッグポーズらしきものをしたり意味不明な行動をとって、なんか自分一人で楽しくなっちゃって、自分にウケたりしてるのとか横目で見てると、かなり吹き出しそうになります。でも、決して相手にしないこと。マミーは横で寝ているという事実を突きつけ、この場所・この状況で自分も寝るのだという意識を持たせます。

 

明日はうまくいかないかもしれないけど、ドライブ地獄から脱却できそうだと考えたら、目の前がパァーっと明るくなってきました。

またアップデートします。