ハクナマタタな育児ダイアリー

オーストラリアでIVF治療からの妊娠・育児記録。自我強め・わがまま2歳児♂の母による、日々の記録です。

耳の様子

鼓膜チューブを入れてから、早2週間。

 

ベビ男の耳の様子は、これまでと全くといっていいほど変わらない。本当にチューブなんか入ってるの?って感じ。耳垂れが結構あったけど、今は落ち着いてきた。

体調も特段変わりなし。やたらグズりが酷かったのを耳のせいにしてたけど、今も絶好調にグズるもんで、関係ないのかも。単に、魔の2歳児に近付いてきただけかもしれん。

 

聴こえ方の違いも、正直よく分からないけど、最近しゃべりが多くなってきたとは思う。新しい単語も増えたし。私の言っていることは、ずいぶん理解している。

 

それから、お風呂。

ちょっと大変。シャワーの水が耳に入らないように、耳栓とイヤーバンドを買ったんだけど、まぁー嫌がる、嫌がる。そんなの分かってたけど…

 

これ、何だろう………耳栓というより、スライム?練り消し?的な感触で、やたら懐かしい気持ちになる。耳の穴に入れ込むんではなく、穴全体を覆い被せるようにして、伸ばし広げてフィットさせる。多分、穴に入れちゃったら、引っ付いて取れなくなる危険性があると思うから、注意した方がよさそう。

 

 

こちらは、イヤーバンド。ヘッドバンドとも言うのかな。防水のネオプレン素材。頭が大きいべビ男は、Mサイズ(4~9歳用)



 

…で、もう近頃はつけてない💧装着する戦いが非常に面倒臭いうえ、軽々と自分で外せちゃう。逆に、せっかく良かった機嫌も損ねてお風呂入らん!てなるのが一番避けたいから。耳に水が入らないよう気を付ければいいだけの話ということで頑張ってる。

 

鼓膜は、かなり耳の中の奥の方なので、そうそう簡単にそこまで水は入らないというけど。水面張力が働いて入りづらいとかどこかで読んだけど、本当かな?

 

6週間後に再診察という事で、3月終わりに耳鼻科に行く予定です