ハクナマタタな育児ダイアリー

オーストラリアでIVF治療からの妊娠・育児記録。自我強め・わがまま2歳児♂の母による、日々の記録です。

幸せに満ち溢れた夜

べビ男は、昼間は自我強めで怒りん坊の甘えん坊で大変だけど、夜は割と起きずに朝まで寝てくれる良い子。

 

だったと思っていたが…!

 

1週間ほど前のある夜中、悪夢でも見たのか、突然「ままー!ままー!」と叫びだして止まらなくなった。

同じ部屋に寝てる夫がしばらく一人で頑張るも、通報されるんじゃないかぐらいの勢いで狂ったように泣き叫んで、到底収まる様子もない。

心が痛みだした私は、部屋に入ってべビ男を抱きかかえ、落ち着かせてコットに戻し、しばらく子守歌を歌いながら眠るまでトントンしていた。

寝たかなと思って部屋を出れば、数分後にすぐ起きてまた泣く。

またトントンしに行く。

部屋を出れば泣く。

これを多分2時間近くやってたけど、これは無理だと諦め、私のベッドに連れて行って添い寝…

 

やってしまった、添い寝

 

添い寝をしたら終わりだと思ってた。

スリープスクールを去る時も耳にタコができるほど言われた

「絶対に以前のルーティン(添い寝)に戻らないように」と。

 

それをやってしまった。

 

それからというもの、毎晩決まって夜中に「ままー!ままー!」泣き叫ぶようになってしまった!!

 

奥歯があと4本生えてくるはずだけど、これは確実に歯ぐずりではないと断言できる。

ただの甘えん坊だと分かる。

 

ママと添い寝をしたいから!!

 

かわいいやら面倒くさいやら………正直、私はあまりよく眠れないのでね。

 

だけど、おそらく今だけしか見られないであろう、ぷにぷにのほっぺたや、私の手を握り返してくれる小さな手、人のお腹を枕にして幸せそうにスース―と眠る天使のようなべビ男の顔を間近にして、なんだか愛と幸せに満ち溢れた気分になるのでした。