ハクナマタタな育児ダイアリー

オーストラリアでIVF治療からの妊娠・育児記録。自我強め・わがまま2歳児♂の母による、日々の記録です。

2歳児とサンシャインコースト2泊3日の小旅行③

はてなブログのサイトが不具合なのか、私のネット環境の問題なのか、ここ数日何度も「公開する」ボタンを押してたんだけど、ずっとエラー画面になってました。。。

ようやくアップできたようですね。

 

 

 

 

水族館をあとにし、近くで軽く寿司を食べ、シンバをドライブで寝かせつつ、次なる目的地Ginger Factoryへ。

 

天気も怪しかったので、ちょうどよかったです。濡れる心配もなし👍

 

www.gingerfactory.com.au

 

ここでは、たくさんの生姜や蜂蜜関連の製品が買えたり、テイスティングツアーに参加できたり、Ginger Trainやボートライドのアトラクション的なものが楽しめたりします。

もちろん、入場自体は無料。

 

総評としては、大正解!!

特に雨の日なんかは、ぜひお勧めします!!

 

まず、列車にめちゃくちゃ食いついたシンバ🚂

f:id:miss_timon:20201028190549j:plain

狙い通り👍

生姜畑や工場(小屋?)など敷地内をアナウンスと共に遊覧するおよそ15分間のライド。0歳だろうが、大人・子供関係なく$9 します。

 

f:id:miss_timon:20201028190552j:plain

なんだか趣があって楽しかったです。

 

列車を降りた後もしつこくまた乗ると言い続けて、次の出発を見送るまでそこから案山子のように動かず。かなり気に入った模様です。

帰りの車内も、ずーっと私の顔に訴えかけるように「ちゅーちゅーてーん(Cho cho train)」と呪文のように大声で言い続ける😂(しまいにはぐずりだす)

 

 列車乗り場の近くから園内を一周できるウォーキングトラックみたいなのがあり、キッズ向けにキャラクターを見つけてまわるアクティビティも用意されていました。

 

それから、カフェも充実していて、お店も少なからずあります。

f:id:miss_timon:20201028190606j:plain

ぼけててすいません……

カフェメニューも、生姜を前面に押し出したラインナップとなっており、ジンジャーバーガージンジャーブラウニーなど、とにかくジンジャーづくしです。

もちろん、この施設イチオシのジンジャービアもあります。

 

私たちは、ジンジャースコーンジンジャーチョコチップアイスクリームを食べました🍦 (何回ジンジャー言うんだ)

f:id:miss_timon:20201030160350j:plain

ジンジャージャムを添えて


f:id:miss_timon:20201031191216j:image

 

私かなり生姜好きなので美味しかったけど、意外と生姜の自己主張強め(笑)!

そんなに生姜に慣れ親しんでいないこの国の人や子ども達からしたら、好き嫌いが分かれるような気もしないでもない。

シンバは、キレイに生姜だけを出しながらアイスクリームを食べました。

 

フードコートには、プレイエリアも併設。ちょうど雨が降り出し、屋根がないので遊べなかったけど。

f:id:miss_timon:20201028190557j:plain

 

さらに、ボート乗り場の出口に、私の大大大好きなKokopodのチョコレート屋さんがポップアップストアを出してました😍 

f:id:miss_timon:20201028190603j:plain

一度ここのマカダミアナッツチョコレートを食べたら、もう他のは食べられなくなる!ってくらいに本当ーーーーーーーーに美味しいんですよぉ!!!!

 

前はIGAスーパーでも結構取り扱ってたのに、最近あまり見かけず、
オーガニック系のスーパーや
フード関係のイベントに出店してたりって感じな気がします。
オンラインショップでも買えます。
何がそんなに美味しいって、オーストラリア産の厳選されたマカダミアナッツ
香ばしくキャラメライズしたところに、
そのナッツにベストマッチする風味豊かなスイスチョコレートを吟味して
ーティングしているところ!
その工程すべてが愛情込めて手作業で行われているそうな!
まぁそういうことで、少し高くて気軽に買えるチョコレートではないけどね…

ほんと言うと、彼らのFacebookページでポップアップストアのこと知ってて、それで気になったGinger Factory。

 

 

 

 

生姜といえば、スーパーフードとしての注目も集めているし、代謝アップや、脂肪燃焼促進冷え対策胃腸の調子を整えるなどたくさんの健康効果が得られるので、ぜひ頻繁に取り入れたい食材。

日本人には親しみのある食材だけど、オーストラリアではそんなに生姜製品を見ないので、すごく楽しめた一日となりました。