ハクナマタタなIVFダイアリー

オーストラリアでIVF治療中。気ままにだらだらと、日々の様子をつづります。

【2ndサイクル】その後の経過

翌日、少しはマシになったものの、悔しいことに食欲だけはいつになく健在でついつい食べ過ぎてしまい、食べ終えて後悔…

というのを繰り返し…

 

不思議なことに、普段は超がつく甘党なのに、塩辛いものしか受け付けません。甘いものを見ると吐き気すらします。これは何なんでしょう?

 

この日は、今住んでいる部屋にインスペクション(内見)が入るので、30分ほど部屋を空けねばならず…しぶしぶデカい腹を抱えて近所の公園へ時間をつぶしに行く。

もうすぐ引っ越すので、管理会社が次の入居者を募ってるんです。

前から思ってたんですけど、この意味わからないシステム何とかなりませんか…まだ住んでいるうちに知らない人が見学に来るの、その時間帯はいちゃいけないし(まだ自分の部屋なのに)、正直迷惑だし面倒くさい…

うちは土禁にしてるけど、絶対こっちの人は靴なんて脱がないから、潔癖の私には耐えがたい屈辱です…(°言°怒)

実は最初、私の採卵手術の日を指定してきたので、

そんなん無理じゃあ~!

(#`Д´)ノノ┻┻;:'、・”

とお断りしたわけです。

 

公園にて、めちゃくちゃ天気も良くて気持ちがいいはずなのに、やっぱり胸のあたりまで苦しくて歩くのも一苦労で一切余裕なし。ちょうどその時培養士さんから電話が。

10個中、9個がうまく分裂しているとのこと!

そのまま担当ナースに代わってもらい、前回とは全然違うこの苦しみを伝えると、たまたま近くにいたドクターにすぐつないでくれました。

やっぱり、今回は採卵数が多かったためOHSS(卵巣過剰刺激症候群をかなり心配していたそう。ちなみに、35歳以下、やせ型、採卵数が20個以上の時は、発症しやすくなります。(全て私に当てはまる)

とにかく、水分をとってトイレで出しまくること、(尿は黄色ではなくクリアーをキープすること)、水よりもスポーツドリンクを勧められ、便はきちんと出ているか、吐き気や息苦しさはないか、など聞かれました。

Triggerを打ってからの5日間くらいがピークなので、もう少し頑張ろうp(`・ω・´)q

 

水を飲むと溜まって苦しいので、もう水は受け付けなくなりました…ひたすらポカリペアー(梨)ジュースを飲んでいます。こんなにもポカリをおいしいと思ったことはないです。


f:id:miss_timon:20170707090718j:image

↑ このペアージュースは本当においしい(^-^)プルーンジュースは味は強烈ですが、ビタミンC、カリウムや鉄分が豊富です

 

ただ、夜になると苦しさが増すような気が…特に息を吸う時、何かに押しつぶされそうなくらい胸部が圧迫される感じがします…

あくび、咳、くしゃみ、笑った時は、涙ちょちょぎれるくらい痛いです…(´;ω;`)ウゥゥ

 

とりあえず、”困ったときのパナドール” を飲んでうずくまってれば何とか眠れるのでそれで凌いでますが…(毎晩9:30には眠気に襲われるので)

 

翌日そのことをナースに話すと、昼間は体がアクティブだけど、夜は活動を停止しちゃうから余計辛いのかも…的なことを言われました。そういう時はやっぱり!パナドール飲んで水分とって出すに限る!

またしてもそれかい!もうどうしようもないんだな!了解!

 

さらに翌日は仕事へ。

だいぶマシになったけど、立ち仕事なので、正直しんどかった…ほとんど座らせてもらってましたが…

 

肝心の卵さんですが、無事に2個が状態もいい感じのBlastocyst(胚盤胞に達してくれて、無事にBiopsy(生検)でき、今PGS(着床前診断にまわしてもらっています。

今月末までには結果がわかりそうですb( ゚∀゚ )