ハクナマタタなIVFダイアリー

オーストラリアでIVF治療からの妊娠記録。気ままにだらだらと、日々の様子をつづります。

36w5d 最後の健診

珍しく朝から1日中雨☂だった昨日は健診でした。

 

前の晩からお腹がパンパンに張っている感じがするということを伝えると、ちゃんとトイレは出ているか、吐いたりしていないか等聞かれました。

特に問題ないと言うと、臨月でお腹が張るのはよくあることで、もし胎動を感じなくなったり、生理痛のような鈍い痛みがお腹や腰に出てきたらすぐ電話するように言われました。

今のところ、前にも増して激しくべビ太郎は動きまくっております。

もしかして、もがき苦しんでいるんじゃないだろうか…?と心配になるほどです。

しゃっくりも1日6回くらいする日もあります。

 

私の血圧は135の60とやけにいつもより高かったのですが、なぜでしょう。

 

今回の最後のスキャンではなぜだかよくわかりませんが、一切計測はしないわよ~と言われ、本当にただ羊水量とべビーの心臓などの様子を見るに終わりました。またも手で顔を隠していたのでお顔がよく見えませんでしたが、ぷっくらほっぺたはしっかりと確認できました。

 

もうスクリーン越しに会うのは最後だね。次は本物とご対面よ!とドクターに言われ、じわじわと実感がわいてくる。

 

あとは軽く当日の確認をしておしまいです。

 

6時間前から絶飲食ということで、夜中0時から何も食べてはいけません。(ま、寝てるし)

でも朝までお水は飲んでいいそうです。

コンタクトレンズも化粧もOKで、ネイルも別にいいわよって感じでした。

あ、そうなんだ。

 

当日の朝は、以前助産師さんからいただいた術前専用ボディウォッシュで体を洗うようにとのことです。(頭と乳首は除く)

下の毛は剃った方がいいのか一応聞いてみると、

傷は横にカットするの希望だったわよね?

はい。

切るのはそんなに下じゃないからほっといていいわよ~。

なるほど。

 

じゃあ、月曜日にね!

と、いつもより短い20分ほどで面談終了です。

 

受付のお姉ちゃん達にもぐっどらっく!!と言われながらクリニックを後にしたのでした。

 

今週は、しばらくゆっくり会えないだろうから友人たちと会ったり、週末には日本から母を迎えたり、べビグッズの最後の準備をしたいと思います。