ハクナマタタなIVFダイアリー

オーストラリアでIVF治療中。気ままにだらだらと、日々の様子をつづります。

つわり対策

最近、つわりがだいぶ落ち着いてきたので、私なりのつわり対策をまとめてみようかなーなんて思います。

 

7週~9週

もうとにかく吐き気MAXの時期!朝から晩まで気持ち悪い時がないってくらいに、常に船酔い+二日酔い状態… (›´Д`‹ ) 

フルーツ(特にスイカ)トマト梅干し、さっぱりしたサラダうどんなどを中心に食べていました。水を受け付けなくなり、レモネードポカリリンゴジュースなんかもスッキリできました。

食べると少し落ち着くことから食べづわりなんだと気づいてからは、スナックやガム、ゼリーを職場や外出時に持って行ってこまめに食べていました。

寝ると吐き気から解放されるので、昼寝もちょいちょいしていました。

 

10週~15週(現在)

ここでようやく産婦人科医の先生と会えて、吐き気を訴えるとすぐに吐き気止めの薬を出してくれました!神…!

 

薬① Metoclopramide 10mg (商品名:Pramin)

日本だとプリンペランと呼ばれています。一般的なつわり用の吐き気止めです。

私の場合、1錠で眠気と頭痛が出たので半錠ずつ飲んでいます。

ドクター曰く便秘になりやすいとのことで、この愛用のMovicol(軟腸サプリ)を引き続き1日1包~2包飲んでいます。

 

そのおかげで、1日最低1回、調子がいい時は2回も3回もトイレに駆け込みます。便秘で悩んでいる方には本当におすすめです。

 

薬② Ondansetron 8mg 

一般的に抗がん剤による嘔吐治療に用いられているオンダンセトロンですが、こちらでは普通につわり用に服用されています。

強力なんだろうなぁ…副作用とかあるんだろうなぁ…と怖くてまだ半錠ずつを2回しか服用していませんが(しかも夜寝る前)、びっくりするほどスッと吐き気が引いていきました!

 

このあたりから、とにかく好きなものだけ食べていて体重も増加していきます…

好きなものを食べることが心を落ち着かせてくれるというか…

だからとにかく、食べたいものを食べて心も体もハッピーでストレスなく過ごせることが、ママにとってもベビーにとっても大事なのかなって思います!

食欲があっただけ私はラッキーなのかも…

 

そして、大好きなアイスクリーム

f:id:miss_timon:20171213173256p:plain

日本でもKALDIなんかで人気のWei's のアイスバーシリーズ!この濃厚さとココナッツとの抜群の相性がまじで病みつきになります!他にもいろんなフレイバーがありますよ。


このDeliziaMocha Chip Gelatoは、私がこれまで生きてきた中で一番気に入っているアイスです!私は特にコーヒー系のフレイバーが好きでコーヒー味とみるととりあえず試すんですが、これは本当に絶妙に私の好みを突いてます!!普通のスーパーには置いていないですが、かなりリピートしている商品です。

その他、有名どころでコーヒー味好きさんにお勧めなのが、Ben & Jerry'sCoffee, Coffee BuzBuzBuz! (もうネーミングセンス大好き!)や、ConnoisseurCafe GrandeMovenpikEspresso Croquantです。

おっと、妊娠中はカフェインの摂りすぎに注意でした(・ω<) テヘペロ

 

あとは、ルイボスティー

1日1リットルは飲んでます!とにかく水が飲めないのでこれは助かります。

 

 

 

その他、ハンドソープ、ボディソープ、シャンプー類が気持ち悪いってことで、全て無香料のものに変えました。

 

↑無香料、無着色、Noサリチル酸、Noフッ素の歯磨き粉を探し出しました。

 

 

あとは、やっぱり気が紛れることを常に何かしている、ということでしょうか。

私の場合は、仕事をしている間はほとんどつわりを感じません。何かに集中する、誰かと話す、自分を忙しくして、つわりを感じるスキを与えないことが大事なのかなと思いました。

 

 

 

 

 

 

14w6d ドクターと面談&下着の話

今日から15週に入りましたー!

 

昨日は2回目の産科医ドクターとの面談でした。

 

前回、私が以前に子宮筋腫摘出で開腹手術をしている件で、子宮も切っているかどうかで帝王切開になる旨の話をされまして、正直もう7年以上前のことで覚えておらず当時の婦人科に確認するように言われてたんです。

日本の婦人科医院に電話で直接尋ねると、すぐにメールで詳細を送ってくれました!

結果、やっぱり子宮にも傷が残っているということで帝王切開決定です。

その場合、陣痛を待たずに通常37〜38週位で?赤ちゃんを取り上げるみたいです。

 

 

それはさておき、今回のスキャン!

無事にいましたよー!ちゃんといますか?と聞いちゃう私です。毎回ちゃんと私のお腹の中にいるのか本当にドキドキなんです。

彼には "You're still not convinced. " (まだ納得してないんかい)と つっこまれます。

 

このドクター、本当に心からこの仕事が大好きなんだろうなぁ(*´ω`*)と思えるほど、すっごく嬉しそうにベビーを見つけては Hi little one~ と声をかけ、一つ一つ体のことや動きを説明してくれます。相変わらずベビーのことになるとおしゃべりが止まりません。

 

ふと思ったんですが、尿検査も血液検査もここまで何一つしてないんですけど、オーストラリアでは26週?まで特にないみたいですね。

すでに4kgほど太り、ジャンクフードばかり食べてるので何かと健康が心配なんですが、、と伝えたんですが No problem! とのことでした。まじっすか。

しかも、スキャンもこちらから言わない限り毎回じゃないっぽいし…

スキャンでも、ベビーの様子と心拍、大きさ位であとは何の情報もないです。今使ってるアプリで、検査の度に体重、腹囲、尿検査、子宮の大きさ、ベビーの体重やら記録するようになってるんですが、見事に白紙状態ですね~。

 

つわりの吐き気はだいぶ収まってきましたが、引き続き吐き気止めの処方箋をいただき、19週あたりで行うMorphology Scanという胎児形態スキャンの予約を取って帰りました。

 

 

 

さて、お腹が出てきたし胸も張ってきたのでマタニティ用の下着を探したんですが、見事に変なものしか見つからなかったという話をします。

 

普通の下着屋にもなくて、ネットで見つけたブリスベン北部にあるマタニティ服専門店に行ってみたのですが、私が求めていたお腹をすっぽり覆うパンツなんですけど…めちゃめちゃ生地が厚い!

これしかないということで、とりあえず買いましたが。1枚30ドル(笑)でも2枚買うと40ドルだよってことで何かお得感を感じてしまい、まんまと2枚もゲットしてしまいました…

さっそくその夜試してみたんですが、蒸し暑くてとても寝られやしない!この年中真夏なクイーンズランドでこんな分厚いパンツなんて履いてられるかい!となり、たんすの奥で季節が涼しくなるのを待っております。

みなさん一体おパンツはどうしてらっしゃるのでしょう。単純に大きめサイズをゆったり履いているだけな気がしてきました。

 

そしてブラ

一体どこへ行ったら安くて機能的でゆったりした授乳用にも使えるブラが手に入るんだ... オンラインショップなんかで見てみると40ドルとかするし、日本のよく見るぺろーんって簡単に出して授乳できるタイプもあんまりないし、なんかやたら生地もしっかりしてるし…ノーマルの下着はありえないくらいにテロンテロンのくせに…

結局日本の友達に頼んで送ってもらいました!

日本って素晴らしいです。薄手のコットンで通気性も抜群です。妊婦パンツも3枚1000円とか…ブラも1000円くらいから手に入るんですね。

 

 

 

寿司へのCravingがすごくてたまに作ります。妊娠前は毎週近所のテイクアウェイで巻き寿司を食べてましたが、今はだめなので自分で作るしかないのです。

最近は、かなり白米を欲する感じになってきましたね~

 

 

 

 

 

 

2回目の治療費まとめ

f:id:miss_timon:20171128180450j:plain

 

各々の単価は、1回目と同額か若干値上がりしていますが、今回はPGS の費用が大きいです。

いやー、それにしても相変わらず高いですね…

 

オーストラリアの国民皆保険Medicareや保険制度については、以前の記事で解説しています。

 

1回目の治療費公開とオーストラリアの医療制度まとめ - ハクナマタタなIVFダイアリー
hakunamatata-ivf-diary.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

 

12w6d NTスキャン

今日はNTスキャンを受けてきました。

 

1時間前に500mlくらいのお水を飲んでおくように言われていたんですが、以前に膀胱破裂しそうなほど苦しくなったことがあるので、ちょびちょび道中で飲みながらスキャンに臨んだのですが…

もう少し早く多めに飲んでおいてと言われちゃいました!ちょっと見えづらかったようですね。

 

さて、4ヶ月に入ってからの今回のスキャン!

大きさは7.4cmで、平均より2日分大きいそうです。

ん? あんまり動かないな〜寝てるのかな〜なんて思いながら見ていました。

 

3D画像でも見せてくれたのですが、ちゃんと顔のつくりも指の爪も結構クリアに見えます!

 

あんまり動かないもんだから、ドクターがスキャンの器具で私のお腹をグリグリ、ガンガン突っつき始めるではありませんか!

すると、寝返りしたりピョンピョン跳ねたりし始めて、あらーかわいい( *^艸^)

外からの振動をちゃんと感じているんですねー!

 

肝心の首の後ろのむくみは通常で何の問題もないということで、あーよかったと2人して一安心しました。

その他、いくつかトリソミーの診断も確率的にはかなり低いということでした。

 

パートナーは昨夜海外出張から戻ったばかりでまだ時差ボケなのにも関わらず、早朝から付き合ってもらって感謝感謝です。

 

ちょっと気が早いけど、オランダのポップでリーズナブルな雑貨ブランド HEMA のベビー服をいっぱい買ってきてくれました\(^o^)/

Targetみたいなスーパーだったそうで…


f:id:miss_timon:20171122103045j:image

 

 

ちなみに、検査代は$305で、Medicareから$105バックです。

 

 

つわりは依然として絶賛継続中です/(^o^)\

ドクターから出してもらっている強力な吐き気止め(日本ではつわり用には承認されていない抗がん剤治療時に使用されるもの)のおかげでだいぶましになりました。

 

常に食べていないと辛いというデブ街道まっしぐらに突き進んでおります。この時点ですでに3kg太りました。

そのおかげで下着類がきつくて苦しくなってきました!ただ、マタニティ用の下着がなかなか見つけられないんですよね…

日本のAmazonとかで買うしかないなと思ってます。下着も腹巻ベルトもクオリティを考えると日本の物が断然良さそうだし…

こういう時、日本にいたら欲しいものがすぐに見つかるのになぁって考えてしまいます。

 

あとは、ストレッチマーク対策で、とりあえず家にあるボディクリームでお腹と胸をマッサージし始めました。

同僚いわく、アボカドオイルが効いたと言ってたので見てみようと思ってます。

 

 

 

 

りんご病の恐怖!

つわりが辛くて更新が滞っております。゚(゚´▽`゚)゚。

 

数日前、同じ職場で働く女性のお子さんがりんご病にかかってしまい、その女性も症状が出始めている、ということがありました。

結構な近距離で一緒に仕事をしていたので、私にもうつしてしまっている可能性があるから、すぐに血液検査に行って!もしうつしてたら本当にもうどうしていいか分からないくらい大変な事をしてしまったことになるから…!!と言われました。

 

りんご病って、あの子どもたちによく症状が現れるほっぺたが赤く腫れる病気ですよね?

くらいの認識だったんですが、その女性いわく、妊娠中のりんご病発症はかなり危険だということ!

 

すぐに調べると出てくる出てくる…

恐ろしいことがいっぱい書いてあるー!!<(.;゚;:Д:;゚;.)>

 

え、大丈夫でしょ、私昔から大病も何もない強い子だし!くらいに最初は思っていた私も'流産'の二文字に途端に怖くなり、すぐにGPのもとへ!

とりあえず、血液検査の結果は陰性だったものの、GPの先生いわく、りんご病のウイルスは最大10日間 潜伏期間があるから1週間後に再検査をするようにとのことでした。

 

ちょうど数日後に産婦人科医との初面談があったので、その時に再検査について聞いてみると、今のところ症状が出ていないようだから大丈夫!( ‘-^ )b と軽く言われました。

え、まだ10日たってないし、もしかしたら潜伏していやがるかもしれないのに…と内心思いつつも、2週間以上経つ今もこの通りピンピンしているので大丈夫だったんだなぁと思えますが、その時は本当にハラハラしました。

 

感染したとしても症状が軽くて済む場合ももちろんあるのですが、特に妊娠初期(20週まで)の感染は30%の確率で胎児にも感染する恐れがあり、最悪の場合胎児が死亡に至ることもあるとのこと。

幼少期に一度感染した経歴があると抗体ができているので、その後発症することはないそうですが、妊娠中の皆様、りんご病にはお気をつけください!

 

 

 

 

 

 

9w5d 産婦人科医の先生と面談

今日は、産婦人科医の先生に会ってきました。

 

陽性判定後2回目のスキャンとなります。

今回はお腹の上からでした。

 

ちゃんといましたよー!いてくれましたよー!

 

それが、ありえないほどに動いておりましたよー!!

もう息つく暇もないくらいに動く、動く!(笑)

そりゃこんだけ元気だったらつわりがひどいのも納得?ってなくらいです。

嬉しかったです。よかったです。ひとまず安心しました。

先生もびっくり!

 

この先生、初めてだったのですが、とっても優しくて言葉もわかりやすくて、ただよくおしゃべりになる!(笑)いや、私は無口な方なので、おしゃべりな人が合うんですが。

 

次に会うのは、おそらく13週になると思います。4週に1回の頻度みたいなので。

その前に、いくつか提案された出生前のスクリーニングやテストのうちどれを受けるかよく考えないといけないですね。一気に全部バーッと言われたので、まだ頭の中が整理できていないです。

私たちはPGDを行っているので胚の時点での染色体異常はなしだったのですが、これも95%の正確性であるわけで、その他にも妊娠初期に違った方法での色々な異常を発見するテストがあるということを知りました。

とりあえず、11週で行うNTスキャン(赤ちゃんの首の後ろのむくみを見るテスト)の予約を帰りにしてきました。

 

それから、吐き気がひどいことを相談したところ、Praminという吐き気止めの錠剤を処方してくれました。

また、Elevitに入っている鉄分が吐き気を増長させることがあるそうで、いったんElevitをやめて、葉酸だけのサプリをとるようにも勧められました。

Elevitにはヨウ素などの妊娠に必要不可欠な栄養素も含まれているのでちょっと心配ですが…

 

帰りにたくさんの冊子と広告・宣伝用品(?)をいただきました。

こんなところにもHello Fresh(笑)

 

ちなみに、日本の母子手帳的なものはないそうです。

パブリックの病院だと毎回ドクターが変わったりするため、それらしきものが渡されるみたいですね!

 

 

 

 

 

 

ピーク!

体調は日によって本当にまちまちなのですが、

 

特に胃が空っぽになると(空腹を感じると)ムカムカしてたまらず、何か口にしていないとどうにもこうにも行きません…

仕事中も常に隠れてモグモグしてます(笑)

 

寝る前まで食べていないと無理です( ;∀;) 大丈夫か…?

 

一番辛いのは、吐けないことです(›´A`‹ )

 

9週に入る今がつわりのピークなんだろうなと思います。

 

 

産婦人科医との初面談は来週なので、今もちゃんとこのお腹にベビーがいてくれてることを信じるのみです。

いや、これだけママをつわりに苦しめているんだ…僕はここにいるよー!と存在をアピールしている証拠に違いない…

 

 

そうなんです!

 

すでに性別が分かってしまいました!

これがIVFのすごいところでしょうか。知りたかったら培養士さんに聞いてみるといいよーとさらっとドクターに言われていたので、知りたいぜひ知りたい!!

と待てない私はもちろんすぐに聞いてしまいました。

絶対女の子だと思っていたのに、男の子でした(^O^)/

 

 

さて、食の好みが180度変わったと思います。

 

このままでは栄養過多でどうにかなっちゃうんじゃないか?ってくらいにジャンクな食生活を送っています。

体重も増えつつあり、お肌もボロボロです(›´A`‹ )

甘ったるいゼリー、甘ったるいコーヒー牛乳、菓子類、ジュース、ポテチ、マク〇ナルド、袋麺、インスタントのパスタソース、などなど…今までの私からは到底考えられない食べ物を食べてしまっています。

 

食欲がないよりはいっか!とプラスに考えています!

 

でも、今まったくと言っていいほど運動をしていません!

とてもできません!

 

 


ある日のサラダうどん
f:id:miss_timon:20171025135842j:image