ハクナマタタなIVFダイアリー

オーストラリアでIVF治療からの妊娠・育児記録。気ままにだらだらと、日々の様子をつづります。

聴覚テスト(再検査)の結果

11月に受けて再検査となっていた聴覚テストを再び受けてきた。

 

前回は病気したあとだったので、鼻詰まり等が原因で一時的に聴こえが悪いんだと、今回は何の問題もないことを信じてたけど…

 

結果、トータルでの聴こえは改善しているが、やはり低い弱いピッチの音域を拾えていない可能性を指摘された。

 

原因としては、中耳が腫れていることと、液体が溜まっていること、ではないかと。つまり、中耳炎である可能性が高い。

これはあくまで聴覚士による聴覚検査なので、治療法などこれ以上の詳しい事は耳鼻科医の見解を仰ぐように言われたけど、QCHだと予約が取れるのが大体6ヶ月後…なので、GPに紹介状貰ってプライベートの耳鼻科医を予約した。プライベートでも医師によっては2〜3ヶ月待つこともあるらしかったけど、幸い来月頭に取れた。

 

なんで普通に子どもを耳鼻科に連れて行くだけなのに、こんなに時間がかかるの…??? 

 

だけど、そもそも「言葉が遅そうだから念の為に」と小児科医に言われて受けたこのテスト。これがなかったら、今頃中耳炎であることも知らずに過ごしていたんだろうと考えると、受けといてよかったなと心から思う。

だって、ベビ男、普通に元気だもん。まさか低音域の音が聴こえていないかもしれないなんて、まるで思えないし。

 

言葉を覚えて話し出すこの時期はすごーく大事だから、少しでも早い治療と、また数ヶ月後の再検査が必要だと言われた。

 

そういえば、ここのところ(前からか)イヤイヤとグズることが多いのは確かで、癇癪的なのも以前に増して出ている。

ご飯もイヤ、お風呂もイヤ、着替えもイヤ、手つないで歩くのもイヤ、と、何かをさせようとすると必ずまず拒否から入るみたいな…手を焼くことが一日の中で本当に多いなぁ…とやっぱり思う。

もうイヤイヤ期なのかな…と思ってたけど、もし、耳の不快感とか痛みがベビ男を不機嫌にさせているのであれば、早急な措置をとってあげたいよ。

 

ちなみに、中耳炎のサインと言われる、耳に触る、引っ張る、頭を振る、発熱、耳だれ、夜泣き等は特にない。しいて言えば、耳を触ったり引っ張ったりするかな。これはずっと前からだけど。

シアーズ博士の本によると、耳をよく触るからと言って耳の炎症だとは結び付かないらしく、歯が生えているときによく見られる行為って書いてあった。

 

関係あるのかわからないけど、朝起きたとき頻繁に鼻血を出している。もしかしたらまた感染症かもしれないので、明日GPに連れて行くけど、あー心配…

 

 

 

 

1歳児とアデレード11日間の旅⑨

Mt Lofty~Stirlingの町


f:id:miss_timon:20200111185611j:image

ブリスベンでいうところのMt Coothaみたいな感じで、サイクリストが多く、アデレードの街を一望できる展望所。カフェもあり。


f:id:miss_timon:20200111185802j:image

やはり、スモークで街全体がどんより覆われています。昨日のニュースでも、カンガルーアイランドの大規模山火事により、現時点でアデレードは、世界で最も大気汚染されている都市に選定されています。何とか速い鎮火を祈るばかりです。

 

 

さて、Mt Lofty をあとにし、すぐ近くの町Stirlingへ。ここにあるチョコレート屋さんに行きたかったため。


f:id:miss_timon:20200111190920j:image

Red Cacao というお店。レビューがよかったのと、メニューがおしゃれだったので。


f:id:miss_timon:20200111191046j:image

ベルギー産チョコレートを使用したホットチョコレートや、本格エスプレッソと合わせたモカ、ユニークなデザートを得意とするカフェみたい。


f:id:miss_timon:20200111191102j:image

 

オーダーしたのはこちら。
f:id:miss_timon:20200111191133j:image

コーヒーワッフルとモカ

夫は、ティラミスとアフォガード。

ワッフルと聞いて想像していたものとはかけ離れたものが来てしまった。中にワッフルらしきものと、バニラアイスクリーム、エスプレッソ、チョコレート等が入ってて、どちらかというとパフェ的な。

これにプラスして、モカという割と甘い飲み物をチョイスしたので、最後かなり重たくなりました。。でも、美味しかった。

 

ちなみに、ベビ男は義両親が見ててくれた。旅の終盤にようやく懐いて、しばらく私達が離れても大丈夫になった。

 

いよいよ、帰宅

 

そうして、翌日はいよいよブリスベンに帰る日。

正直、やったー!という感じ。ストレスと疲れで身体的にも精神的にもクタクタだった。

11時にチェックアウトして、空港近くのアウトレットへ。14時前のフライトで時間があったので。道中ベビ男は昼寝。

 

時間があると思って、買い物してランチしようと入ったカフェのオーダーが、お客はいないのにすごいスローで、アウトレットを出たのはもう13時過ぎてた。

超マッハでカウンターへ走りバッグを預けようとしたら、重量オーバーで、課金か中身を減らすよう言われるっていう!来るとき(カンタス)は、一個に付きの重さでなく、2個合わせて収まってればオッケー!で通してくれたのに!

って訴えたけど、ヴァージンはだめだってさ。一個が23キロまで。

 

時間ないのに、、しかも、この詰め方がパーフェクトだったのに!と思いながら頑張ったけどうまいこと入らなくて、仕方なく夫が持ち込むつもりだったバッグパックを3つ目(ベビ男分も一個預けられる)としてチェックインすることに…

そこに精密機器であるSwitchとかヘッドホンとかも入れてしまった夫…帰宅して開けたら、Switchのコントローラーに見事に傷が入ってた!!しかも、お気に入りのSplatoon仕様のほう!!やっぱ雑に投げられてる証拠だよね…

あー今思い出しても悔しい。

 

次からは、ちゃんと重さは守ろう…そして、時間と心に余裕を持って空港に到着しよう。

と心に誓った瞬間。

 

そこから再び猛ダッシュでトイレでベビ男のおむつ替えて、走ってゲートに行くと、私達が最後の乗客で、スタッフの人達が「あ、来た!」みたいに迎えてくれた。日本のエアラインだったら、搭乗時間過ぎてたらトランシーバー持って必死に探し回るんだろうけど、この人らは私らが来なくても、来なかったってことで出発させるんだろうな、きっと。

 

フライトは満席で、窮屈なベビ男はもう動きたくて動きたくて、ベルト着用のときは癇癪並みにぐずって、iPadスマホとお菓子でなんとか落ち着かせてたけど…うん、普通に大変だった。これ一人だったら現実逃避したくなって確実にアウト。

でも、隣の女の子も、後ろのファミリーも、いないいないばあとかしてくれて、いい人達で本当によかった。

 

ちなみに、カンタスもヴァージンも国内線は機内Wi-Fiが無料で使えて便利でした。ヴァージンはかなり遅くてYou Tubeは厳しい感じ。

 

これにて、アデレード旅行記おしまい。

 

 

 

 

 

 

1歳児とアデレード11日間の旅⑧

蒸気機関車と馬車の旅

 

元日、Goolwa〜Victor Harbor間を走るCockle Trainという蒸気機関車に乗りました。初めて乗る機関車にベビ男大興奮。


f:id:miss_timon:20200104140932j:image

海沿いのなんだか味のある駅。

 

1800年代後期から走り始めたという趣あるこの機関車の車内は、かなり年季を感じるレトロ調の内装。ただ、車両と車両の間が完全に外で、普通に危ない。ドア開けっ放しで出発したから、え?!ってなった。スピード的にはそんなに速くなかったけど、子どもが多いのに安全確認とかしないのかーい。


f:id:miss_timon:20200104141130j:image

海岸線を眺めるベビ男。

 

田園風景が広がったあとはずっと海が見えていて、青い空と青い海がキラキラしてとても気持ちが良かった。

30分の列車の旅を経て、海沿いの町Victor Harbor駅へ到着。途中、飽きたのか動きたがったから、これ位の距離が長すぎずちょうどいいかもと思った。

 

潮の香りに誘われ歩いていくと、小さな移動式遊園地みたいなものと、馬車乗り場が見えてきた。


f:id:miss_timon:20200104141258j:image

このお馬さんが頑張って引くトラムに乗り込んで、


f:id:miss_timon:20200104141325j:image

あの小さな島へと繋がる橋を渡る。

日差しはあるものの、海からの風が強くてやや肌寒く、みんな上着を羽織ってた。

ちなみに、歩いても渡れます。

 


f:id:miss_timon:20200107175418j:image

島の端っこにあるカフェでランチをとり、既にベビ男のお昼寝時間を過ぎていて私は早く寝せてあげたかったので、再び馬車を待って戻る。

義父に、機関車に乗らずに車で来てもらっていたので、帰路でそのまま車内で寝せました。

 

 

 

 

 

1歳児とアデレード11日間の旅⑦

Hahndorfの街歩き


f:id:miss_timon:20200102193844j:image

2日間だけ、日中25℃位と過ごしやすい日があったので、メインストリート周辺をスクーターでお散歩。

というか、どこへ行くにもこれに乗っていこうとするベビ男。

 


f:id:miss_timon:20200102194158j:image

ミュージアムや、


f:id:miss_timon:20200102194229j:image

プレイグラウンドがある庭園、


f:id:miss_timon:20200102194448j:image

ドイツからの移民がこの地にやってきて村を創設した年号を名前にしたカフェ、


f:id:miss_timon:20200102194524j:image

お菓子屋さんなどなど、

ほんと可愛らしい、ドイツっぽい建物とヨーロピアン風なガーデンとか街並みが広がっていて、オーストラリアにいながら異国気分を味わえて、なんだかドイツに来たみたい。

ドイツのクリスマスはすごいって言うし、クリスマスシーズンは装飾とかめちゃくちゃきれいで盛り上がったんじゃないかなと思う。

 

そして、ドイツといえばこれ!
f:id:miss_timon:20200104174541j:image

ソーセージ、ジャーマンポテトサラダ、ザワークラウト、ジャーマンドッグでしょう!

これを食べたお店は、看板に「おそらく、世界で一番おいしいホットドッグの店」って書いてあった。そういう謳い文句をわざわざ押し出すお店ってなんとなく胡散臭いけど、まぁ普通に美味しかった。なぜかテイクアウェイ不可みたいだけど。

ちなみに Bakery Wunderbar というお店。HP見つからず。

 

そして、ベビ男を夫にお昼寝させてもらって、私一人でプラプラと散策を楽しんだ。こういう、見知らぬ土地で一人で自由時間だなんて、若い頃の一人旅を思い出して不思議な気持ちになる。

 

甘い香りにつられて入った石鹸屋で、乾燥にいいって勧められ購入したバスミルクがすごく気に入ってる。私の好きなココナッツライムの香りで、皮膚になじませてマッサージすることでピーリング効果もあるらしく、お湯に浸かりながら乾燥のひどいひざ周辺をマッサージすると、皮膚がしっとりスベスベになる感じ。

 

これです

 

 

 

サウスオーストラリア州に来て思ったこと

 
  • 凄まじく乾燥している

日中と夜中は、普通に湿度10%台まで落ちる日があって、洗濯物が2時間で乾く驚異的な乾燥具合!

ブリスベンもすごく乾燥してると思ってたけど、その比じゃない。昼間はこまめに水分補給しないと、干からびてしまいそうになる。ベビ男もいつもより水を飲んでる。

 

私の喉は最高潮にイガイガしだし、のど飴と寝る時のマスク必須。

顔も手足もカサカサで、化粧ノリも悪く、ひざ小僧は粉を吹いている。乾燥すると、ささくれが最高に剥きやすいコンディションになるので、ちょっと気が緩むとすぐ剥いてしまう。

 

ベビ男の顔も、日本から帰国後にすぐ発症したFungal Infection みたく真っ赤にカサカサしだした。

 

ただ、気温が40度とかまで上がっても、暑いは暑いけどカラッとしていて、まだ外歩けるレベル。

 

 

  • 水が違う

お風呂に入ると、なんだか水が柔らかくヌルヌル感じる。髪を洗うと、ごわつかず柔らかくなり、サラサラ。かなり軟水なのかも?でも、水道水はやっぱり美味しいとは思えないかな。

 

ケアンズ在住の義父は、手足の酷い乾燥も水のせいだし、ケアンズと比べて水道水が美味しくない、とブツブツ言ってる。アデレード出身なのに。

 

  • シティからちょっと離れると、アジア系人口が少ない

ブリスベンでは、自分の人種はマジョリティーって気がしてたけど、今ちょっとアウェー感ある。3日に一回は食べてた寿司もタピオカミルクティーもずっと我慢していて、そろそろ禁断症状が〜

さすがに観光地では、必ずといっていいほど中国語表記のメニューや中華系の方々をたくさん見かけるけど。

 

  • 山火事の影響が見られる

サウスオーストラリア州の山火事被害もかなり深刻で、都市部からそんなに離れていない山間部で、焼け野原となった農地や被害にあった民家を見かけた。

特に、乾燥がひどく高温で強風になりやすい日は被害が拡大するので、BoM(気象庁)が出すアラートをこまめにチェックするべき。ある日、隣の家の家族は都市部へ避難すると言って出て行った。

 

日の出は6時すぎなので、5時前に明るくなるブリスベンと比べるとかなり遅め。その点では、ベビ男が朝あまり早く起きることはなくなった。

しかし、問題は日の入り!夜8時半を過ぎても余裕で明るいってのには仰天した。アデレードは更に南に位置しているからか。

これでは人間の体内時計もおかしくなる。夜になった事に気づかず夜更かししてしまう子どももいるんでは?ベビ男も例に漏れず、お風呂から上がってもなお100%位のエネルギーを放出してるもん。これはちと困った。

 

 

あとは、いつもと違う場所、人々、ルーティンの崩壊…とベビ男にとっては変化続きで、義父母にもなかなか懐かず、機嫌悪い時間帯も多く、まともに食事も食べずにスナックばかり…と私のストレス度合いも半端ない。

年に一度の家族が集まるクリスマスだから、仕方ないとは分かってはいるのだけども。私は義母と折り合いが悪いし、去年のクリスマスは3日間だけだったから、今回長いし大変になるよってことはずーっとしつこく伝えていたのに、聞き入れてもらえず。

ま、でも、夫も考えを改めたのか、1歳児にこんな長めの旅行は全然早かったし、ネットの情報源によると、まず将来覚えてるわけないし、10歳までは子供と旅行すべきでない的なことを読んだらしく、疲労困憊の私に謝ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

1歳児とアデレード11日間の旅 珍道中⑥

その他、Adelaide Hills 周辺で訪れた場所

 

Melba's Chocolates 


f:id:miss_timon:20200102111145j:image


f:id:miss_timon:20200102113722j:image


f:id:miss_timon:20200102114742j:image

入り口がなんだかすごく厳重なチョコレート屋さん。カフェも併設している。

 

National Motor Museum


f:id:miss_timon:20200102115614j:image

車大好きベビ男だけど、こういう昔の車をディスプレイしている大人向けのミュージアムで楽しめるかなと思ったけど、遊べるエリアもあり意外と楽しそうだった。


f:id:miss_timon:20200102115657j:image


f:id:miss_timon:20200102120750j:image


f:id:miss_timon:20200102120846j:image

しかし、ものすごい数の車とオートバイが展示されていて、敷地も広く圧倒されちゃった。これは車好きの人にはたまらないと思う。昔のアーケードレースゲームも体験できたり。

 

Beerenberg Family Farm

結構狭い店内にお客さんがごった返していて、写真を撮り忘れたけど、このラベルを見て絶対一度はみんなコールスなんかで見たことがあるはず。
f:id:miss_timon:20200102145641j:image

おそらくコールスでは数種類しか買えないと思うけど、この本店にはジャムだけでなく蜂蜜やレリッシュ、チャツネ、マヨネーズやドレッシングまで様々な用途で使えるディップやソース類も販売されていて、農場直売って感じでおいしそうで見てるだけでもすごく楽しかった。オンライン販売もあり。

 

夏場限定でイチゴ狩りも体験できるらしい。

 

さらに、新鮮なイチゴを使ったジェラート(アイスクリームかな?)も食べてみたけど、すんごいミルキーで濃厚で格別でした🍓

 

いよいよ、明日ブリスベンへ戻ります。

長かったようなあっという間だったような。ブリスベンがやっぱり恋しい。

 

 

 

 

1歳児とアデレード11日間の旅 珍道中⑤

Gumerachaという地にあるThe Big Rocking Horseへ。


f:id:miss_timon:20200101181451j:image

 

世界最大級の木馬が目印の、木製おもちゃ工房兼おもちゃ屋さん。

ちなみに、巨大木馬の中に入って登ると展望デッキみたいになっている(有料)。

 

店内は所狭しと、かなりの数と種類の木のおもちゃ達が並べられていて、


f:id:miss_timon:20200101171640j:image

やはりベビ男は乗り物系に食いつく。

 

義両親が、2歳の誕生日に配達してもらえるように何か買ってあげると言ってくれたが、その頃の好みが変わってるかもしれないし、何より送料が100ドルくらいするらしかったのでやめておいた。(重さによる)

 

そして、外にはアニマルパークなるものが併設されており、大人2ドルの入園料を払って中に入り、動物たちにエサやり体験ができる。(エサ代別途2ドル必要)

 


f:id:miss_timon:20200101172414j:image

 

ベビ男は相変わらずビビりで、最初かなり警戒して私や夫から離れず、遠くから動物たちを眺めていた。えさやりも怖くてできず。孔雀が羽根を広げただけでビクってなってた。


f:id:miss_timon:20200101172607j:image

 

ただ、アヒルの池にはすごい興味示してた。


f:id:miss_timon:20200101172648j:image

 

さらに、カフェの中には、売り物と同じ木のおもちゃで遊べるプレイエリアがあり、ベビ男ももれなく木馬に乗る。

 


f:id:miss_timon:20200101173256j:image