ハクナマタタな育児ダイアリー

オーストラリアでIVF治療からの妊娠・育児記録。自我強め・わがまま2歳児♂の母による、日々の記録です。

顔が変わってしまったべビ男

ベビ男が異常なほどに目を痒がって、目の周りが赤紫色に腫れている。

一週間ほどこんな感じ。さすがに何かのアレルギーかもしれんと今日の朝一番にGPに連れていくことに。

 

子どもは加減を知らないので、痒いと感じたら目いっぱい掻いてしまう。目の周りの皮膚はなんと0.02mmと驚愕の薄さで、少しかいただけでも赤くなるらしい。

 

こんな状況下で、クリニックも厳戒態勢といった感じ。

私はいつも予約アプリを通して予約するんだけども、すべて「テレヘルス(電話での診察)」のみの受付となっており、一体電話でどうやって診察なんてするんだと思った。

 

さて、予約した時間にドクターから電話。

 

一通り症状を伝えると、やはり直接見てみないと...ということで、その30分後にクリニックに来るよう言われた。(2週間以内に海外渡航歴はないか、海外渡航した人との接触はないか、体調不良の家族はいないか/接触はないか、等のクリアすべき条件はあり)

到着したら、まず車内からクリニックの受付に電話して到着の旨を伝え、指示を仰いで車内待機!絶対にクリニックに入ってこないようにね!とのこと。

ちなみに、車のナンバーも聞かれたな。

 

🚙💨

 

クリニック到着。

え、地上階の駐車場満車!地下へ~。そんな混みあってんの?!

 

ドクターの指示通り、車内から受付へ電話し、着いたよーと連絡。

ご機嫌でYouTubeのペッパピッグを見ていたところ、スマホを奪われ終始ぐずりまくりベビ男。

へいへい、、おやつ与えるから大人しくしてくれい

 

数分後、今度はドクターから着信が。

今から玄関まで迎えに行くから、車から出てきてくれとの指示。

らじゃ!とすぐさま車を降りてクリニック玄関へ向かう。全て出される指示に従ってようやくドクターの対面診察を受けられる権利を得るんだな。

とにかく他人との接触を最大限に抑えたいらしい。

 

それはそうと、入口付近に「STOP!!」と書かれた大量の赤紙がドバァーっと貼られているのを目にし、な、何事?!とたじろぎを隠せなかったんですが。

でも、自動ドアは普通に動いてるから、まぁ紙を無視して入ろうと思えば入れるけどね。そういう人絶対いるよね。その後一体どんな対応をされるんだろうか。ちょっと見てみたい気もするけど……

 

で、迎えてくれたドクターに先導され、スタッフ用裏口のようなドアからクリニックへ入る……

ドクターはもちろんマスクしてる。ちなみに、私はしていない。

 

 

診察

 

ベビ男の顔を見るや否や、「おーなんてこと!可哀想にー!」と言われたぐらいだから、多分可哀想な程に目が腫れていたと思う。お岩さんぐらい。

ちなみに、熱も咳も体のブツブツもなし。目の充血と、目の周りに少しだけ赤いブツブツあり。

ピンピン元気。

だけど、いつもより日中の機嫌が悪め。

くしゃみ多め。たまに鼻血も出す。

先週あたりから、やたら山に連れて行っていたことを思い出す。(いつもと違う場所に行ってはいないかと聞かれ)

それにしてもべビ男、このドクターにはすごいお利口さんに耳も目も鼻も触らせるんだよ、いつも。

 

 

結論

 

以前なった細菌性の結膜炎(Pink eye)ではないので、抗生剤の目薬はなし。

ウイルスが入り込んだか、植物や花粉によるアレルギーによるリアクションが出ている恐れ。

ヒスタミンと点眼薬(薬用でない潤すだけの目薬)で落ち着くはず。

ぬるま湯で目を拭いてあげることもいいらしい。

1週間経っても改善しなかったらまた来るように。

 

また裏口から退散。

 

やっぱり花粉症とかハウスダストとかそっち系かと思ってたので、アレルギー説有力な感じ。あーかわいそうだ。なんかもう、え、これべビ男?!ってくらい顔変わってる気がする...痒かったら掻くの止められないし…痒みさえ取れてくれたらいいんだけど。

 

ちなみに、あわよくばインフルの予防接種もしてもらえないかと聞いたら、こんな状態では勧めないとバッサリ。来週元気になったら打ちましょう!