ハクナマタタな育児ダイアリー

オーストラリアでIVF治療からの妊娠・育児記録。自我強め・わがまま2歳児♂の母による、日々の記録です。

2歳0か月の近況

1日の流れ

 

6:45 起床(6時頃から起きてるみたいだけど、まだ暗いので放置)

7:00 朝食

8:30 自転車または車で公園へ

9:30 おやつ

11:30 昼食

12:00 昼寝(1〜1.5時間)

14:00 おやつ

14:30 家で遊ぶ

17:00 夕食

18:00 お風呂

18:30 就寝

 

今までとあまり変わらないけど、今はほぼ毎日デイケアに通わせていて、デイケアでの食事/昼寝時間はスケジュール的に同じ。

 

 

食事

時と場合と機嫌によるが、好きで食べるもの

  • 恐竜のチキンナゲット(冷凍)
  • 白身魚フライ(冷凍)
  • フライドポテト
  • ミートソースパスタ
  • 納豆ご飯
  • 豆腐の味噌汁
  • 鮭フレークご飯
  • アボ̚カドトースト

 

果物、野菜、肉類は形が見えるとダメ。

どんなに空腹で、食事を出しても、お菓子が出てくるまで飢え死んでも食べないほどのお菓子中毒である。しかも、手作りお菓子は一切食べず、市販のもののみ受け付ける。

デイケアでは、周りの子に感化され少しずつ自分で食べているそうだが、これから変化が見られるのか期待したいところ。

 

行動

イヤイヤ期真っ只中だと思われるが、とにかくすることなすこと全てに拒否から入る。

朝起きて来た瞬間からハッピーだったことなんて、思い出せないほど最近はない。パジャマや昨日着た服をまた着ると言って爆発し、着替えさせるのに30分以上格闘することはごく普通。

 

こだわりが強く独特な感性を持っているため、やりたいことがピンポイントすぎて、こちらも欲求を正確に汲み取れずミスコミュニケーションもしばしば。そこからの不機嫌具合が半端なく、早く言葉を覚えて伝えられるようになってほしいと切に願う日々。

 

最近は、あんなに好きだった自転車に乗りたがらず、しばらく朝のサイクリングも行けず。

スクーターに乗せて散歩に行けば、大通りを1人で渡ると言って聞かず、非常に危険な目に遭ったことがあり、それ以来、私の中で散歩がトラウマになり一度も行っていない。

アパートの目の前が大通りなので、もうどうしようもないんだけど、今まではすんなり私が促す方向に楽しく乗ってたはず。自我とこだわりが芽生えるってこういうことかぁ…

車が走ってるから危ないってことが全く理解できず、私もそれを伝えられず、「なぜダメなのか」がわからずに結局歩道の真ん中で寝そべって駄々をこね始め、収拾がつかなくなり夫を呼ぶっていう。

 

言葉

トーマスのキャラ名を得意気に何人か言えたり、私や夫の言うことは大方理解しているようだが、生活に必要な言葉はあまり出ていない。

私の話し方を真似てか、謎の言語をまるで会話してるかのように流暢に操るのが韓国語みたいに聞こえる。

 

健康面

体重は分からないけど、身長は92cm位で平均より上だと思う。

服のサイズは2。誕生日に母が送ってくれた日本の服がなぜか90サイズだったんだけど、もはやつんつるてん(死語?)

軽い風邪はちょこちょこひくけど、至って健康体で、今の心配はしぶとい顔の湿疹とたまの鼻血

毎日1〜2回は💩が出る快便さん。出たらお尻を指さすか、「ぷーぷー」と教えてくれたりくれなかったり。

ちなみに、まだまだ絶賛オムツ。トイレトレーニングは考えたけど、全母親の味方・サトウさんトイトレなんてしなくていいって言ってたのを言い訳に延ばし延ばし中……

 

 

ついに、魔の2歳児と言われるステージに入り、なかなか大変な毎日だけど、先輩ママから言わせれば、「長い子育ての中のほんの一部で、あんな時期もあったなぁぐらいにしか思えなくなる」そう。ほんとかねぇ。

日に日に眉間のシワが濃くなってる気がするし、鏡を見ると全然笑えてない自分がいる……

 

しんどい時は、これ見て元気出す👇


世界で最も過酷な仕事 (字幕付き)