ハクナマタタな育児ダイアリー

オーストラリアでIVF治療からの妊娠・育児記録。自我強め・わがまま2歳児♂の母による、日々の記録です。

1歳児とThe Wigglesコンサートへ行ってみた感想

ベビ男(もとい私)が楽しみにしていた、 The Wiggles Show へ行ってきました。

 


f:id:miss_timon:20191217162925j:image

The Wiggles - Party Time! Big Show!

 

開催場所は、ちょっと北の方にあるBrisbane Entertainment Centre

ハイウェイの出口からすぐの所にあるので、出口付近がすごい渋滞になっていて、本当は3車線なのに、みんな非常停止帯に並んでて4車線になるという光景。

結構ギリギリに到着。駐車代15ドルなり。ほんとこの国、駐車場高いな。

チケット代も、12ヶ月以上は大人と同額の40ドルするしさぁ。いい仕事してますなーWigglesさん。売店のグッズもかなりいいお値段してたし。

 

思ったけど、会場の入り口にも中にもどこにも、・Wiggles!!みたいな看板とか装飾とか何もない。ぱっと見ただの無機質なスタジアム。

せっかくの子供向けのショーで、しかも、みんなWigglesたちのコス着て張り切ってるのに、「映え」スポットで記念撮影!とかできなくてちょっと残念な気もするけど、これが普通なの?

 

開始時刻を過ぎても何も始まらなくても、20分経っても何も感じない私はもうオージー化してるということですかね。

 

さて、問題のベビ男はというと、こんなに広い場所で、こんなにたくさんの人を目の当たりにするのはもちろん初めて。かなり圧倒されてた。何が起きてるのかまったく意味不明で、いつになく緊張気味に大人しくしてた。

 

しかし!聞き慣れた音楽と声が聴こえ始め、Big Red Carに乗って登場したWigglesメンバーを指差しながら、興奮気味に口をパクパクさせてた。やっぱりWigglesが好きみたい。

 

スクールホリデーに入る週末だったし、たくさんの子ども達でごった返してたけど、席にまだ余裕はあったな。

ちなみに、私達は結構後ろの方の席を取りました。絶対途中でグズって最後まで持たないと思っていたので。だけど、なんとか最後の曲まで聴いてから退席することができました。(最後が私の大好きな曲だったので、意地でも立ちたくなかったという)

 

私の好きな曲はこちら

 

案の定、このくらいの月齢だと、後半飽きて動きたくてグズるってことが分かった。ショー自体は、インターバルなしの80分だったけど、それでも1歳児にはきついよね。お菓子攻撃で辛うじて座らせてた。

ベビ男にはまだちょっと早いかなぁ…って思ったけど、もっと小さい子も全然いたし、状況が分からないなりにも楽しんでくれたからいいとします。何より私が一番ノリノリで楽しかった。

 

Wiggles達みんなテレビで観るのと同じで元気いっぱいで、エマは超かわいくて、ラッキーは出だしから寝てて、アンソニーは面白くて、サイモンはオペラ声でダンディだったよ。キャプテン・フェザソーは相変わらずうるさかった(笑)

しかしながら、なぜかめっちゃ子どもの声になってたドロシーに違和感を覚えたのは私だけじゃないはず。