ハクナマタタな育児ダイアリー

オーストラリアでIVF治療からの妊娠・育児記録。自我強め・わがまま2歳児♂の母による、日々の記録です。

サウスオーストラリア州に来て思ったこと

 
  • 凄まじく乾燥している

日中と夜中は、普通に湿度10%台まで落ちる日があって、洗濯物が2時間で乾く驚異的な乾燥具合!

ブリスベンもすごく乾燥してると思ってたけど、その比じゃない。昼間はこまめに水分補給しないと、干からびてしまいそうになる。ベビ男もいつもより水を飲んでる。

 

私の喉は最高潮にイガイガしだし、のど飴と寝る時のマスク必須。

顔も手足もカサカサで、化粧ノリも悪く、ひざ小僧は粉を吹いている。乾燥すると、ささくれが最高に剥きやすいコンディションになるので、ちょっと気が緩むとすぐ剥いてしまう。

 

ベビ男の顔も、日本から帰国後にすぐ発症したFungal Infection みたく真っ赤にカサカサしだした。

 

ただ、気温が40度とかまで上がっても、暑いは暑いけどカラッとしていて、まだ外歩けるレベル。

 

 

  • 水が違う

お風呂に入ると、なんだか水が柔らかくヌルヌル感じる。髪を洗うと、ごわつかず柔らかくなり、サラサラ。かなり軟水なのかも?でも、水道水はやっぱり美味しいとは思えないかな。

 

ケアンズ在住の義父は、手足の酷い乾燥も水のせいだし、ケアンズと比べて水道水が美味しくない、とブツブツ言ってる。アデレード出身なのに。

 

  • シティからちょっと離れると、アジア系人口が少ない

ブリスベンでは、自分の人種はマジョリティーって気がしてたけど、今ちょっとアウェー感ある。3日に一回は食べてた寿司もタピオカミルクティーもずっと我慢していて、そろそろ禁断症状が〜

さすがに観光地では、必ずといっていいほど中国語表記のメニューや中華系の方々をたくさん見かけるけど。

 

  • 山火事の影響が見られる

サウスオーストラリア州の山火事被害もかなり深刻で、都市部からそんなに離れていない山間部で、焼け野原となった農地や被害にあった民家を見かけた。

特に、乾燥がひどく高温で強風になりやすい日は被害が拡大するので、BoM(気象庁)が出すアラートをこまめにチェックするべき。ある日、隣の家の家族は都市部へ避難すると言って出て行った。

 

日の出は6時すぎなので、5時前に明るくなるブリスベンと比べるとかなり遅め。その点では、ベビ男が朝あまり早く起きることはなくなった。

しかし、問題は日の入り!夜8時半を過ぎても余裕で明るいってのには仰天した。アデレードは更に南に位置しているからか。

これでは人間の体内時計もおかしくなる。夜になった事に気づかず夜更かししてしまう子どももいるんでは?ベビ男も例に漏れず、お風呂から上がってもなお100%位のエネルギーを放出してるもん。これはちと困った。

 

 

あとは、いつもと違う場所、人々、ルーティンの崩壊…とベビ男にとっては変化続きで、義父母にもなかなか懐かず、機嫌悪い時間帯も多く、まともに食事も食べずにスナックばかり…と私のストレス度合いも半端ない。

年に一度の家族が集まるクリスマスだから、仕方ないとは分かってはいるのだけども。私は義母と折り合いが悪いし、去年のクリスマスは3日間だけだったから、今回長いし大変になるよってことはずーっとしつこく伝えていたのに、聞き入れてもらえず。

ま、でも、夫も考えを改めたのか、1歳児にこんな長めの旅行は全然早かったし、ネットの情報源によると、まず将来覚えてるわけないし、10歳までは子供と旅行すべきでない的なことを読んだらしく、疲労困憊の私に謝ってきた。