ハクナマタタな育児ダイアリー

オーストラリアでIVF治療からの妊娠・育児記録。自我強め・わがまま2歳児♂の母による、日々の記録です。

1歳児とアデレード11日間の旅①

今年のクリスマスと年越しは、夫の親戚が住むアデレードで過ごすことになった。ケアンズに住む義両親と現地集合し、11日間という長いホリデーを一緒に過ごす。

正直、日本人の私としては、年末年始はゆっくり静かに過ごしたい派だけど、そういう文化の中で暮らしてるわけだから仕方あるまいな…

と、毎年思ってる。

憂鬱…

 

まずは、フライト。

 

ブリスベンアデレードは、直行便で約2時間半。

国際線に比べれば大した事ないって思いがちだけど、前回の日本の国内線で苦い思い出があるから、ちょっとやだなって苦手意識ができてた。

 

フライトの時間帯も、同じく昼寝しそうな時間帯だけど、また興奮して寝ず、変なテンションでグズったら大変だろうなぁって思ってた。

 

だから、今回はおもちゃもお菓子もフル装備!

f:id:miss_timon:20191225200721j:image

プラス、iPadにトーマス動画や遊べるアプリもバッチリ仕込んで!

 

結果から言うと、最初の1時間半が大変で、残りの1時間弱は寝てくれた。

空港でも結構はしゃいでたし、最近お昼寝が早かったから、離陸してすぐミルクあげたらそのまま寝ると強く信じてたけど、逆に覚醒してしまうパターンだった…

ひたすらトーマスのおもちゃを動かして遊んでたけど、前の座席シートを線路に見立てたり、立ち上がって後ろのシートを覗いたり、床に落としまくったりするもんだから、気が気でなく。iPad見ても長続きせず。スティッカーブックとアンパンマン系は出番なしでした。

 

軽食のサンドイッチが来た時は、張り切って頬張ってたけど。

 

混んでるフライトだったのに幸い隣が空席で、3席の真ん中に置いてパタンと寝てくれたのでよかった。f:id:miss_timon:20191227080057j:image

もうちょい寝てそうだったけど、着陸体勢に入ったので泣く泣く抱きかかえてシートベルトをはめる(T_T)案の定、起こされて機嫌悪くギャン泣き。

耳抜きは、おしゃぶりで大丈夫そうだった。

 

つづく