ハクナマタタな育児ダイアリー

オーストラリアでIVF治療からの妊娠・育児記録。自我強め・わがまま2歳児♂の母による、日々の記録です。

シバンムシ撲滅に向けて

また害虫の話かいって感じなんですが…

あのあと、食品棚を完璧なまでに掃除して、整理したので記録させてください👇

 

Before

f:id:miss_timon:20201112182103j:plain

 

After

f:id:miss_timon:20201119183441j:plain

 

4段目のすべり止めマットの下も、割と凄まじい光景が広がっていて、今後二度と忘れもしないと思います…

ただ、一番カオスな最下段には見当たりませんでした。奇跡!

 

これは、おそらくジンサンシバンムシの被害に遭ったことがある人しか分からないかもしれないけど、もう決して二度と同じ目に遭いたくない、同じ過ちを犯したくないという強迫観念のようなものが、今や私の脳裏に絡みついて離れないんです。

 

ここまで必死になって食品棚を掃除・整理したことなんて今までないです。気付いたら半日経っていました😱

 

しかしながら、悲しいことに、いまだに1日1~2匹は目視できてしまう。

 

 

た す け て ー

 

 

つまり、まだ見えない所に潜んでいるか、産み付けられた卵がかえっている可能性があるということですよね。。

 

食品棚付近で見ることが多いけど、私の寝室の白い壁や、白い布団の上、シャワー室の壁に1匹いたり…白くて明るい所を好むのか、むしろ、奴らキレイ好きなんじゃないか?とすら思えてきます。

 

もうほんと、今やゴマキヌアアシードなんかにもいちいち反応しちゃうし、ちょっとした茶色い点にもハッとなり、なんなら白い壁を見つめてる自分がいて、パラノイア状態です。

乾燥系の食品はすべて保存容器に密閉したけど、優れた密閉性で人気のSistemaの容器ですら、もしかしたら、ほんのちょっとした隙間から侵入できるんじゃなかろうか…?と疑心暗鬼になってしまう😓

なんなら、今まで知らずにパスタとかふりかけとかに混じって口に入っていた可能性だって否めないんだ!!

 

プロのペストコントロール業者に依頼しない限り、完全に根絶することは難しいのかもしれませんね。